高校のSTEM授業におけるラーニングアナリティクス研究論文が採録になりました


いやー、長かった・・・うちの博士学生がやってくれました。共同研究を行っている東明館高校におけるLearning analytics in practice論文、採録になりました。査読者の先生方、担当の先生、東明館高校の先生方・関係者様、また研究チームのみなさんに感謝致します。ありがとうございました。

Chen,L., Yoshimatsu, N., Goda, Y., Okubo, F., Taniguchi, Y., Oi, M., Konomi, S., Shimada, A., Ogata, H., Yamada, M. (in printing), Direction of collaborative problem solving based STEM learning by learning analytics approach, Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Springer

内容は、高校における協調的問題解決意識やSTEM学習方略利用意識を高めるSTEM型授業デザインをラーニングアナリティクスのアプローチから検討するというものです。システムとしてはMoodle、BookRollを活用し、それらに蓄積されたログとSTEMにおける学習方略意識、協調的問題解決意識との関係性分析、ならびにグループディスカッションと協調的問題解決意識との関係について分析した結果について示しています。

議論を中心としたアクティブラーニングで、さらに近年、注目されているSTEM教育においてラーニングアナリティクスのアプローチから授業デザインを検討するという、まさに挑戦的な研究でありますが、ラーニングアナリティクス研究をこれまで精一杯やってきたLEDSチームの大きな力があってこそだと思います。

結果としてはマーカーの利用ログと成績、協調的問題解決意識については正の相関が見られたのですが、STEM学習方略利用意識や事前学習のログと協調的問題解決意識との間には負の相関が見られるといった結果が示されました。1クラスの生徒さんが少ないという、少人数クラスで授業をされていることもあって、言えることは限定的な部分もあるのですが、高校という、国際的にもラーニングアナリティクスがしっかりと定着していないフィールド(特に日本では初等中等教育においてはまだまだ・・・)で、STEM型授業のデザインをラーニングアナリティクスのアプローチで検討するという、Learning analytics in practiceについて一歩を踏み出せたのは非常に大きいと思っています。しかも国際誌で。

このデータを取り始めたときは、まだ緒方先生@京都大学が九州大学から転出されて間もないころで、大学でやってきたラーニングアナリティクスの研究知見を初等中等教育へ展開しようとしていました。MoodleやBookRollの利用が進まず、もがき苦しんでいた頃でした。その中でも東明館高校では理解して下さる先生方が少なからずいて、その教育への熱意とこちらへのご協力に強く感銘を受けたことを覚えています。その頃のことを思うと、この1本は苦労が報われた大きなものになります。

うちの学生にとっては記念すべき1本目が国際誌で、ICCEを運営しているAPSCEによって管理され、国際的な出版社の1つであるSpringerのジャーナルに採択されたというのは非常に意義があることで、これからの研究につながります。現在もLEDSでは大学を中心にラーニングアナリティクス研究を進めていますが、そこで蓄積された成果をさまざまなフィールドに展開しています。高校においては授業デザインへの展開はニーズとして強いものがあります。教育現場へフィードバックし、先生たちの経験と掛け合わせたLearning analytics in practice研究をますます進めていきたいと思います。

学習データ活用が広がる中で考えるべきこととは何か?:Edvation x Summit 2019に登壇してきました


先日、Edvation x Summit 2019にて、セッション「学習データの活用により、教育現場はどう変わるのか?」にてモデレーター登壇をしてきました。パネラーとして稲田さん@atama plus、神野さん@COMPASS、加藤さん@Classiをお迎えし、学習データを活用したシステムの導入による効果と課題について語って頂きました。

Edvation x Summit 2019

Edvation x Summit 2019

https://www.edvationxsummit.jp/

Atama plus

https://www.atama.plus/

COMPASS

https://qubena.com/

Classi

https://classi.jp/

ICTを活用した学習分析のことをラーニングアナリティクスと言いますが、パネルディスカッションの前にラーニングアナリティクスとは何か、九州大学で立ち上がったラーニングアナリティクスセンター(設立者:緒方 広明 教授(現:京都大学))と学習教育データ科学研究ユニット(リーダー:島田 敬士 教授)の紹介と実際に行っている研究、いろいろあるのですが、島田先生のリアルタイム分析、私が代表で開発しました、デジタル教科書/教材配信システム”BookRoll”と連動した知識マップ作成システムと、島田先生が総括されている知識マップ分析システム、テキストチャットにおける発言自動分類システムについて紹介をさせて頂きました。

パネラーのみなさんが対象としているフィールドや扱われているシステムの特性は異なりつつも、目指している人材育成像とそのアプローチはまさにEdTechで、単に知識をインプットすることを最大限に効率化することを目指しているのではなく、それを踏まえてどういう学習環境、教育像を目指しているのか、明確なビジョンを持たれていることに感銘を受けました。効果としても、成績向上に寄与するのはデータとして示しても、現場に受け入れられるまでのご苦労、それに対する対応など、ご苦労された点、対応されたことも共通しているなと思いました。これ私が行っている研究でも同様でした。

学習支援システムに蓄積された記録、それが学習データですが、それを活用することで、さまざまな学習環境の構築が可能となります。まさに今回のパネラーのみなさんはビジネスを通じて、その世界を社会に見せているパイオニアといえます。

「知識を活用し、そしてどうするの?」

そこに根ざしたビジョン。私の中ではEdTechというのは単に教育・学習に情報通信技術を使ったものではなく、革新的な人材育成方法も含むものだと思っていますが、それに合致するものだと思います。学校や塾、家庭などでも、情報通信技術に対して抵抗を示す方はいます。自分が受けてきた教育や学習環境は正しいという信念というものは強く影響するのですが、もはや、自分が普通だと思っている教育観・学習観というものは通じなくなってきているというのはあると思います。私の授業でも、単に教育工学の研究を伝え、研究方法を学ぶだけではなく、自分の周りにある教育・学習リソースはダイナミックに日々変化すること、それらのリソースを活用した学習環境を自分自身で構築することが求められること、自分の問題だけではなく、これからの世代にも影響するということ(そういう教育を受けていた子どもたちを一緒に働くことになるし、自分たちの子どもたちも、新しい時代の教育を受け、自分の教育観・学習観は通じなくなる可能性もある)を伝えています。さまざまなアプローチが増えてきていて、その選択肢をどう考えるのか、ここを研究者だけではなく、学校等の公教育、教育サービス提供企業は考えていく必要があろうかと思います。

その中でも学習データの活用や連携は学校、塾だけに限らず、図書館、博物館や美術館、水族館、また地域で開催されるワークショップそれぞれが独立していた学びの場をシームレスにつなぎ、相互に知識習得だけではなく、学びの意識、キャリア、人生観などさまざまな観点で、学びを意味を深くすることが可能となります。これはまさにEdTechによるイノベーションだと思うのです。

このようなイノベーションを本格化するには、近年は教員のデータ活用リテラシー育成に注目されてますが、教員の問題ではなく、家庭や学習者本人を含む、教育に関わるさまざまなステークホルダーたちのデータ活用リテラシー育成が求められるのです。しかし、そのためにも来たる教育・学習イノベーションに向けた教育観、学習観の変容は求められるでしょう。TAMなど使って、いろいろ意識の検証しても面白いかもです。

そんなことを考えたEdvation x Summit 2019でした。元気なみなさんが参加されていて、教育工学の未来も明るいように感じました。今後、Edvation x Summitが情報通信技術を活用した、世を変えていく人材育成コミュニティのプラットフォームとしてますます発展していくことを願っております。パネラーの稲田さん、神野さん、加藤さん、ありがとうございました。みなさまのこれからのラーニングアナリティクスによるプロダクトが大きくなっていくこと、社会に広がり、ますますのインパクトを持っていくことを楽しみにしております。私も研究者として、貢献していきたいと思います。

最後にEdvation x Summitを運営された佐藤先生@デジタルハリウッド大学大学院にこのような機会を下さったことに感謝致します。ありがとうございました。

JSET2019秋季全国大会が終わりました


今年から秋と春で全国大会が2回化され、その秋大会が名古屋国際会議場で開催されました。秋大会企画委員会のみなさま、実行委員会のみなさま、ありがとうございました。学会運営の業者さんとのやりとりなどもありながら、いろんなことがあったかと思います。大変お疲れ様でした(写真は藤本先生@東京大学に撮って頂きました。プレゼンも聞いて下さり、ありがとうございました)

次は春大会ですね。この会期中も堀田先生@東北大学、東原先生・村松先生・森下先生・谷塚先生@信州大学、稲垣先生@東北学院大学、山内先生@東京大学、松河先生@東北大学ともいろいろお話をし、春大会委員会メンバーとも打ち合わせを行い、春大会の内容を詰めていました。初の2回化の1回目大会ということで、これからの教育工学という研究領域の発展性も見据えながらも、みなさまからのご協力を得ながら、会員・参加者に対していい大会にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

私個人としては久々のポスター発表で緊張しました。発表ネタとしては、九州大学・京都大学で進めているラーニングアナリティクス研究で、高校を対象に行っているのですが、ラーニングアナリティクスに基づいて授業デザイン支援をしていくために行っていることについて紹介しました。ラーニングアナリティクス研究では、学習ログの分析を踏まえて、アダプティブラーニング環境を開発したり、成績やドロップアウトを推定して、Early-warningや学習支援へ活用する研究、ダッシュボード開発が主流であります。

しかし、学校、特に初等中等教育におけるラーニングアナリティクスでは、教員が様々な意味での「媒介者」であり、教員の教育経験、教育観、授業スタイルなどを考慮する必要はあろうかと思っています。生徒の学習活動はもとより、教員の観点からも踏まえた、ラーニングアナリティクスに基づく授業デザイン支援、授業デザイン研究、介入研究をスタートしているので、その概要のお話をしました。ご興味を持って、聞きに来てくださったみなさま、ありがとうございます。

山田 政寛,島田 敬士,陳 莉,濵田 さとみ,耿 学旺,馬場 寿士, 古川 毅,南里 駒門,黒岩 晃平,吉本 悟,ブレンダン フラナガン,ゴーハン アカピナー, リトジット マジュンダール,緒方 広明 (2019). ラーニングアナリティクスによるエビデンスに基づいた授業デザインに向けて:高等学校における実践事例, 日本教育工学会2019年秋期全国大会講演論文集, 31−32

うちの学生もがんばってくれました。心配なので、様子を見に行きました。がんばってプレゼンし、質疑応答していました。3名ともJSETはデビュー戦なので、不安でしたが、いろんな方々が見て下さったようで、大変ありがたかったです。よりよい研究にしていきたいと思います。発表内容は下記の通りになります。

馮 宣淇,山田 政寛 (2019). インフォーマル・ラーニングにおける学習ゲームログの可視化アプローチ, 日本教育工学会2019年秋期全国大会講演論文集, 107-108

馮くんの研究は対面のない完全なオンライン学習ゲームにおいて、集まるログを活用して、成績などの様々な要因において効果的にプレイを進めているプレイヤーとそうではないプレイヤーなどのタイプ分けをする手法、可視化について発表しました。彼の発展研究は今年のICCE 2019にて発表します。

耿 学旺, 山田 政寛 (2019). 拡張現実を活用した複合動詞学習支援システムのデザイン, 日本教育工学会2019年秋期全国大会講演論文集, 151-152

耿くんの研究は、日本語の複合動詞(「拾い上げる」、「映り込む」といった動詞)を学習する環境として、ARを使った学習環境開発になります。具体的には通常の日本語の動詞が書かれた紙のカードを組み合わせて、複合動詞をつくり、耿くんが開発したスマホアプリをかざすと、その複合動詞が示すイメージがARで表現されるものになります。発表時点では既に実は開発は終わっていて、今後は具体的な評価をしていきます。

濵田 さとみ,山田 政寛 (2019). 合同証明の構造理解を支援するWebシステムにおける学習ログの可視化, 日本教育工学会2019年秋期全国大会講演論文集, 541−542

濵田さんの研究は、中学校の合同証明問題に関する学習支援システム開発研究です。自由記述での証明問題を解答しても、正答率が30%前後と言われています。自由記述で書けるようになる前段階の支援として、証明問題の理解を構造的に行う支援システムの開発をしています。1度、昨年に評価をしたのですが、効果があることは示されたのですが、このシステムによる学習を経て、教員が証明問題の授業をどのように展開していけばいいのかを検討する必要があります。この研究は合同証明問題学習支援システムの学習ログを可視化し、先生へフィードバックする機能のプロトタイプを紹介したものになっています。本件の発展的開発についてはCELDA2019にて発表します。

うちの学生の発表を聞いて下さったみなさま、ありがとうございました。今後も教育・学習現場に貢献できる研究を行っていきたいと思いますので、ご指導のほど、よろしくお願い致します。

春季全国大会担当の大会企画委員長となりました


7月になりましたね。早いものであと1か月で前期が終わります。私は前期に授業が目白押しなのですが、今年は授業以外にもいろいろ忙しいです。

ところで、日本教育工学会は先日、改選が終わり、新旧理事・評議員の交代がありました。理事は2年1期、2期務めることとなっていますので、私は今回は改選対象ではなく、そのまま継続して、残り2年、理事を担当いたします。2期目となりました。鈴木先生@熊本大学も継続して、会長をされることとなり、鈴木内閣の1人として、教育工学会の発展に寄与していきたいと思います。

さて、日本教育工学会全国大会は今年度より秋と春の2回となり、1回を2日間で終わらせることとなりましたが、山田はそのまま継続して大会企画担当理事となり、春季全国大会委員会の委員長に就任いたしました。また6月末の改選により、松河先生@東北大学が理事(大会企画委員会(春大会)担当)に就任され、副委員長に入って下さいました。松河副委員長、森下副委員長(信州大学)体制で春大会の執行体制を組むこととなります。どうぞよろしくお願いいたします。春大会委員会の委員体制としては、椿本先生(東京大学)、今野先生(明星大学)、島田先生(信州大学)になっています。この委員体制で春大会の企画・実施を実行委員会といっしょに進めて参りたいと思います。また、春大会ではSIG活動もいれていくことになっているため、SIG委員会からは御園先生(島根大学)、福山先生(明星大学)にもご助力をお願いしております。ありがとうございます。

春の大会の前身は研究会だったのですが、3月末の研究会はプチ全国大会規模となり、さすがに1名の委員+研究会委員会委員だけではサポートしきれなくなってきたので、全国大会へ格上げとなりました。全国大会とする以上、会員・参加者のみなさまにとって有意義な大会としていきたいと思います。会期は2日間となります。

2020年春は信州大学にて2020年2月29日、3月1日にて開催されます。信州大学の森下先生、島田先生を中心に実行委員会をたてられて、ご準備下さっています。ありがとうございます。春大会初回ということ、研究会からの昇格でどのような会になるか、まだ想像もつきませんが、みなさんにとって参加して良かったと思ってもらえるような大会にしたいと思います。

まだ先の話・・・といいながらも、既に7月。来年2月末日開始となると、原稿締め切り日などのスケジュールも立てていかないといけません。何気に時間もない感じですね。

ぜひ多くのみなさまに信州大学へ足をお運び下さいますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

新年度を迎え


更新が滞っていますが、前回の更新から、新年度、新年号を迎えました。授業も始まりました。主に1年次向けの教育基礎学入門は昨年よりも2倍近く受講者が増えました。私の授業は課題が重いので、敬遠されるのですが、近年の教育の情報化に強い興味がある学生が多く受講してくれています。また教員になりたい学生や教育産業に就職したい学生、人の心理面を踏まえたシステム開発研究をしたい学生にとっては得るものが大きい授業なので、そういうことに関心がある学生が多いのかもしれません。うれしいですね。学部高年次向けの「教育情報工学」は10名の受講で、いつもより若干少なめ。ですが、1年次から私の授業を受けている学生で、教育学部ではない学生が受けていて、うれしいですね。私の課題協学も受講していたので。教育工学研究に他学部でありながらも強い関心を持ってくれるというのは大変ありがたいことです。多くの学生の将来に活きるような授業にしていきたいと思います。

さてさて、いろいろ前回のポストからいろいろありました。研究室メンバーも更新しました。http://mark-lab.net/?page_id=1564

1.研究業績

3月末にSITE、4月にmobile learningという国際会議が行われ、計5件の発表が行われました。あとBook Chapterが2つ採択されています。

  • Goda, Y. and Yamada, M. (2019). Visualization of Social and Cognitive Presences for Collaborative Learning Facilitation, Proceedings of SITE 2019, 1020-1024.

この研究はオンラインコミュニケーション上で、人間関係の形成に関係する社会的存在感と、ディスカッションといった問題解決などを目的としたコミュニケーション中に現れる認知的存在感という発言を自動的に可視化するシステムを活用し、協調学習支援にどのように活用できるか検討した発表になっています。可視化の結果に基づいて、協調学習をどのようにファシリテーションできるかなど検討しています。

  • Onoue, A., Yamada, M., Shimada, A. and Taniguchi, R. (2019). The Integrated Knowledge Map for Surveying Students’ Learning, Proceedings of SITE 2019, 1092-1100.

この研究は島田先生との共同研究で、私が昨年発表しました、eBook viewer “BookRoll”のログを活用したコンセプトマップ作成ツール”BR-Map”のログを活用して、コンセプトマップの作成プロセスやパターンを可視化するシステムに関する発表です。

  • Nakayama, K., Yamada, M., Shimada, A., Minematsu, T., and Taniguchi, R. (2019). Learning Support System for Providing Page-wise Recommendation in e-Textbooks, Proceedings of SITE 2019, 1078-1085.

この研究も島田先生との共同研究で、BookRollの各スライド内に含まれる特徴語をキーワードに、そのスライドの内容に関連する情報をレコメンデーションするシステムに関する内容です。BookRollの各スライドにレコメンデーションボタンがあり、それを押すと、そのスライドの内容に関連するインターネット上の情報リンクが表示されます。

  • Taniguchi, Y., Shimada, A., Yamada, M. & Konomi, S. (2019). Recommending Highlights on Students’ E-Textbooks. Proceedings of SITE 2019, 1128-1134.

これは、BookRoll上で、自分では引いていないが、他の学生が多く引いている箇所を推薦するシステムに関する研究発表です。この機能によって、スライドだけではなく、文言レベルでその授業内容を理解するに当たって重要な箇所を捉え、さまざまな学習支援に適用することが期待されます。

  • Geng, X., and Yamada, M. (2019). Development and design of a compound verb AR learning system employing image schemas, Proceedings of the 15th international conference of mobile learning 2019, 73-80.

この研究はARを活用した日本語学習支援システムに関するものです。留学生にとってわかりにくい日本語である複合動詞(例えば、「取り替える」「飛び込む」)を学習するために、1つ1つの動詞が書かれた紙のカードを組み合わせることで、その複合動詞に関するARを表示させ、イメージからその複合動詞を理解することを目指したシステムです。

  • Yamada, M., Goda, Y., Kaneko, K., Handa, J., and Ishige, Y. (2019).Discourse Analysis Visualization Based on Community of Inquiry Framework, In K.Myint (ed.) Emerging Trends in Learning Analytics: Concepts and Applications in Education (pp.200-222), Brill publisher, Leiden, The Netherlands. https://brill.com/view/title/54675

これはSITE 2019で発表した内容の関係もありますが、社会的存在感に加え、認知的存在感の可視化を行ったシステムの評価に関する研究です。可視化の手法、システムデザイン、評価を中心に書いています。

  • Okubo, F., Yamada, M., Oi, M., Shimada, A., Taniguchi, Y., Konomi, S.(2019). Learning support systems based on cohesive learning analytics, In K.Myint (ed.) Emerging Trends in Learning Analytics: Concepts and Applications in Education (pp.223-248), Brill publisher, Leiden, The Netherlands.

こちらはこれまで九州大学で行ってきたラーニングアナリティクス研究の総論的な内容になっています。今、本学のラーニングアナリティクスセンターにはラーニングアナリティクス研究として行っている内容紹介が動画で流れていますが、あれからいろいろ新しいことも行っています。あれから発展させて行ってきた内容、たとえばテキストマイニングを活用したポートフォリオ分析、アクティブラーナーダッシュボード、授業のリアルタイム分析研究の知見が掲載されています。

2. 新たな研究

幸いに科研費 基盤研究B(一般)を新規に獲得することができました。審査員の先生方、ありがとうございました。今回は4年間というプランで、合田先生(熊本大学)、島田先生、谷口先生(ともに九州大学)のチームで研究を進めていきます。タイトルは「個別・協調学習の往還を支援するインタラクション高度化基盤の開発と評価」で、個人の学習と協調学習の連動性を高めるプラットフォームを教育・学習関係の理論×ラーニングアナリティクスからデザインし、開発・評価するものとなります。これまでラーニングアナリティクス研究をしてきましたが、協調学習に関するラーニングアナリティクス研究を強化したく、いい研究にしていきたいと思います。

他にも農業人材育成研究(谷口倫一郎先生代表 基盤研究A)、自己調整学習と学習行動との関係分析研究(挑戦的研究(萌芽))、高校でのラーニングアナリティクス研究(SIP)も本格化してきました。緒方先生(京都大学)の基盤研究Sもいよいよ終盤に入っていきます。研究プロジェクトがどんどん進んできていますので、共同研究者とともに教育の発展に寄与できるよい研究にしていきたいと思います。

学会関係でも、日本教育工学会(JSET)が全国大会を2回化することとなり、その春大会担当をしております。学会としても新しい試みを行い、会員に研究・実践をより良いものにしてもらうための企画を立てて、チャレンジしていきたいというのもありつつ、近年、学会運営のマネージメント負荷をどう低減させていくのかという課題もあり、そのバランスを考えていかなければなりません。春大会はもともとJSETの研究会で、3月研究会は参加者数、発表件数もプチ全国大会規模があることから発展的に全国大会に規模を引き上げたということも経緯の1つとしてあります。なにぶん、新しいチャレンジで、どうなるのかも読めない部分もありますが、いい大会になるようにがんばりたいと思います。2020年2月29日〜3月1日が初の春大会で、信州大学で開催となります。春大会担当の委員、現場をマネージメントしてくださっている森下先生、島田先生と連携していいものにしたいですね。

JSET論文誌特集号「アクティブラーニングのデザイン・実践・評価」が刊行されました


とうとう2018年度の授業が終わり、落ち着くかと思いきや、大学院入試、修士課程学生の口頭試問、講演など盛りだくさんでした。またSIPの方でもまもなく試行授業が始まるということで、夕方から先生と一緒にシステム触りながら、コースの作成をしたり・・・ありがとうございます。

さて、2018年度も松田先生@首都大学東京と私は日本教育工学会論文誌特集号の幹事団をしたのですが、今回の特集号「アクティブラーニングのデザイン・実践・評価」が刊行されました。今回の特集号は評価という点が特に重要で、評価についてバラエティのある研究がそろったと思います。しかし、今回も前回のラーニングアナリティクス特集号と同様、いや、それ以上か・・・採録結果が厳しいものなっています。ここはなんとかしないといけませんね。

松田先生を委員長に、私が副委員長、そして、福山先生@明星大学、大山先生@大阪大学というフレッシュで新進気鋭の2人に幹事をお願いし、幹事団に入っていただきまして、刊行に向けて、進めてきました。総説では山内先生@東京大学、展望では福山先生と私、大山先生と松田先生の2本を掲載し、アクティブラーニングのこれまで、今、これから、それぞれのフェーズで何が求められ、どのような研究がなされ、評価をしてきたのか、今後どういう観点で研究を進めていくべきか、まとめられています。教科書的な役割を果たすことを目的に進めてきましたので、これからアクティブラーニング研究を進めていこうと思っているみなさなにおかれまして、ご参考になれば幸いです。松田先生と、若手の福山先生、大山先生、ありがとうございました。若手の2人は幹事を未経験ながら、ほんといろいろ勉強して、刊行に向けて尽力してくださいました。今後も大活躍してくれることを期待しています。

最後になりましたが、ご投稿して下さいましたみなさま、査読担当して下さいました先生方、編集委員を受けてくださいましたみなさまにも感謝申し上げます。みなさまのご助力なくしては刊行に至りませんでした。ありがとうございました。

日本教育工学会論文誌 42巻(3) 特集号「アクティブラーニングのデザイン・実践・評価」https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjet/42/3/_contents/-char/ja

2018年を振り返る


もうあと10数時間で2018年が終わろうとしています。年末にJSETの今後の方針を決める合宿研究会に参加したり、国際会議の原稿分筆をやったり、査読をやったりと、なかなか仕事が収まりませんな。

さて、今年を振り返ると、いろんなご縁のもとでお仕事をさせてもらって、感謝の1年でした(毎年そうなのですが、今年は際立ってそう感じます)。JSETの大会担当理事になって初めての全国大会で、赤堀先生@ICT CONNECT 21、美馬先生@公立はこだて未来大学、合田先生@熊本大学のご縁からEdTechのシンポジウムをしたり、島田先生@本学システム情報科学研究院という、素晴らしい研究者とともにラーニングアナリティクス関係の研究プロジェクトに参画したりでした。経産省のEdTech事業にも関わることもできました。

飯塚市等方面でプログラミングやマルチメディア技術を使って地域課題を解決していく教育プログラムをLife is Tech! 社が実施してまして、そのプログラムの教育コーチをしています。これも、実は随分前につながりのあった、寺西さん@ICT CONNECT 21からのご縁でお話が来たもので、いろんなご縁でお仕事をさせてもらっていることに感謝しています。Life is Tech! 社 取締役の讃井さんという新たなつながりができました。讃井さんは故 三宅なほみ先生のもとで実践研究をされていたご経歴もあり、そのノウハウが詰まった実践になっています。今年は大学生メンター育成や試行段階でもありますが、来年度はおもしろい実践になっていくと思います。楽しみですね。

授業でも、新たな試みと教育改革推進本部の1つの事業として、本学法学研究院の大賀先生と協力し、課題協学にて、アーギュメントやプレゼンテーション能力育成のためのリフレクションとフィードバックをしています。また大賀先生も実は学部生時代にESSのディスカッションセクションにご所属で、私の1つ上の先輩方とのつながりがあり、共通の友人も多く、ここにもご縁を感じます。他にも同事業として図書館Cuterという学習支援者と連携して、ラーニングアナリティクスを活用することで具体的で実質的な学習支援を進めていこうとしています。

とても大きいのは、内閣府の戦略的イノベーションプログラム(SIP)の学習支援技術に関するプロジェクトで緒方先生@京都大学との共同研究で採択されたことですかね。かなり大きいプロジェクトで、島田先生を中心とする九大チームは京都大学とタッグを組み、福岡市教育委員会と連携しながら、本プロジェクトを進めていくことになります。高校でのラーニングアナリティクス研究はこれまでもやってきていて、ラーニングアナリティクスに基づいたアクティブラーニングのデザインとその効果といった具体的な研究業績も出してるのですが、これからさまざまなアプローチで初等中等教育におけるラーニングアナリティクス研究が本格化して行きそうです。結構、年末にいろいろ決まって、ラーニングアナリティクス研究を進めていくことになります。

参考URL

https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101045.html

2018年の業績としては・・・

論文:3本(全て共著連名、うち2本はSSCI)

国際会議:9本(うちファーストは2本)という感じでした。

ちなみに去年は…論文2本(2本ともファースト)、国際会議10本(うち2本がファースト)、書籍は3本(共著)という数字でした。

業績数としては合計12本ということで良い感じではあるのですが、昨年と比べファーストが少なかったですね。年齢的にはだんだんミドル層に入っていく中で、これからの人材育成というのも行いつつ、自分もメインで書いていかないとというやることが増える年齢層に入っていっていることを実感しています。研究業績数としては十分だと思っていますが、来年はこの数をキープしながらもファーストを増やしていきたいものです。でも、SSCIが2本出せたというのはとても大きい業績だと思っています。

これから参画するプロジェクトも大きいものが多いので、研究室でもチームを組んでがんばっていきたいです。また科研費が当たったのもありがたいですね。センサーネットワークを活用した自己調整学習の研究なのですが、個人的にはおもしろい観点だと思いますので、研究成果の平行展開など考えていきたいです。

さて、今年もお世話になりました。ありがとうございました。来年度もよろしくお願い致します。

査読・編集担当で気をつけたいこと:JSET第34回全国大会チュートリアルセッション2を終えて



9月28日から30日まで日本教育工学会(JSET)第34回全国大会@東北大学が開催されました。朝から飛行機が遅れたり、急いで理事会に行き、チュートリアルセッション2のコーディネートと説明、SIG04「教育の情報化」セッションに参加、シンポジウムのコーディネーター・司会者、そしてSIG-03の運営参加と・・・こんだけ全日フルに参加するのは久しぶりでバタバタしてましたが、楽しかったです。

さて、今回、初めてJSETでは(主に)査読者向けのチュートリアルセッションを行いました。チュートリアルセッションは初めてJSET全国大会に参加した方を対象にしたものと論文編集委員会が受け持つものの2つがあります。私は後者の方のコーディネーターを担当しました。昨年までは論文書き方チュートリアルセッションをしていたのですが、今回は査読方針、査読時に気を受けてもらいたいなどを、現在査読を受け持って下さっている方々や潜在的になる先生方を主な対象として行いました(ですが、論文の書き方セッションでもあるといえばあるんですが)。加藤先生、山内先生といろいろネタを考えたのですが、いつもの論文の書き方ではなく、ちょっと違うものを・・・ということで。

編集委員長の加藤先生@放送大学より、論文の採否状況、傾向などのお話があり、副編集長の山内先生@東京大学より査読時に気をつけて頂きたいこと(査読条件における表現、修正の可能性がある場合はチャンスをつくる方向であること、倫理面の問題については厳しく対応して欲しいことなど)についてお話下さいました。最後に僭越ながら、私より、査読者に読んでもらえる条件対応(2nd round向け)について話しました。ご質問もいろいろありまして、編集委員としてもいろいろ考えなければならないこともありました。思った以上に盛況で、私が数えたところ、113名のご参加があり、立ち見の方々もいました(森下先生@信州大学のカウントでは131名とのことでした)。ご参加くださいましてありがとうございました。

そして本題ですが・・・———
これまで私は特集号の幹事団を合計4回しました。3回目は昨年のラーニングアナリティクス、4回目は2018年現在進行中のアクティブラーニングです。論文の査読は何本やったでしょうか。覚えていません。それだけやっているが故に編集委員をさせて頂いたり、特集号の幹事団としてもお声かけされるということだと思います。大変ありがたいことだと思っています(特集号はそろそろ卒業ですかね)。その経験の中でも、査読のお願いする立場でもあり査読をする立場でもある私は、ここ最近、「査読する」ということをいろいろ考えます。

教育工学は学際的な分野です。それぞれの研究者によって強みが違います。その強みをできるだけ踏まえた上で、査読をお願いしています(し、私自身も査読をします)が、基本的な考え方として「投稿された論文を良くして、広く読者の目に触れるようにしよう」という意識を共有することが重要だと思っています。やはり教育工学における研究知見の蓄積は研究領域と人材育成、その先にある社会の発展につながるので、その意識はとても重要だと思っています。とはいえ、投稿された論文のクオリティ、JSETの場合は査読回数の上限もあるので、査読を通じて、研究を良くしていくにも思うように進まないというのはよくありますし、査読者・編集担当者としても悩ましいところです(お悩みの査読者も多いように感じます)。それでも教育的に、どうすれば論文として(投稿種別変更も含めて)よくなるのか、上限に達して、残念ながら返戻という判断をしたとしても、再投稿して、掲載を目指すなら、「〜をしてください」など、研究デザインの在り方などフィードバックしたいものです。

またちょっと感じていることは、査読は査読者と著者間のPaper-Mediated Communicationだと思うのですが、ミスコミュニケーションもあるなあと。相互に誤解を生じている点もやはり見受けられます。このミスコミュニケーションを減らしていくことも重要かと思っています。査読者側としては、誤解されないように、明確に著者に対して修正指示を出すこと(「〜して下さい」と)が重要ですし、著者もそのメッセージを受け取って、誤解される表現は避け、査読者に明快に意図を理解してもらうためにも最大限に対応はすべきです(私は、師匠であります赤堀先生からは「誠意を示すことが大事だ。誠意は伝わるんだ」と教えられましたし、実際にそうだと思います)。

良い研究をすることと良い論文を書くことは必ずしも同義ではありません。論文執筆は研究デザイン・遂行能力とは別のテクニカルなものが求められます。研究デザイン・遂行能力、論文執筆、査読というのは密に関連しています。今後も編集委員である限りは研究者の育成に貢献できればと思っています。チュートリアルセッション2のフロアーからのご質問でも「査読者教育というのは学会としてやらないのか」という問いを頂きましたし、セッションの後に、加藤先生、山内先生とも、「今後もぜひこの企画は続けていった方がいいですね(30分じゃ短いので、1時間くらいいりますね」と話をしていました。

今後もできれば幸いです。

教育工学ができることを考える〜シンポジウム「EdTech:これからの教育を創る教育工学」を終えて



日本教育工学会第34回全国大会シンポジウム「EdTech:未来の教育を創る教育工学」が無事に終わりました。フロアーからの質問を十分に受け取ることができなかったのですが、引き続き、教育工学として考えていくべきテーマだと思いますので、議論の場になればと思い、本シンポジウム企画者・コーディネーターとして、考えたことをまとめたいと思います。

EdTechはEducationとTechnologyを掛け合わせることで、イノベーティブな教育・学習環境の創出、教科教育のみならず、その知識を踏まえた知識創出・行動力を身につけさせるものとして注目されています。この先、何十年先の日本社会を支える中で教育はまさに根本であり、文部科学省だけではなく、経済産業省や総務省も、それぞれの観点はあるものの、教育について変えていくという強い意思の現れと思います。まさに教育工学会として考えていくべきテーマだと思い、私の指導教員でありました赤堀先生@ICT CONNECT 21、山内先生@東京大学、合田先生@熊本大学、美馬先生@公立はこだて未来大学のご協力を得て、基調講演者として、浅野大介さん@経済産業省、パネラー講演者として佐藤昌宏先生@デジタルハリウッド大学大学院、斎藤俊則先生@星槎大学、島田敬士先生@九州大学にお願いすることができ、指定討論者として山内先生にお願いしました。

—シンポジウム概要—
浅野さんからはご自身の経験から、経済産業省におけるお仕事、それを通じた学び、学教教育から入省後における学びの楽しさの変容についてお話があり、これまでの前提やルールの再構築(そのプロセスにおける葛藤も学び)から、実際に社会の問題を解決し、広く展開していく、まさに生の社会解決プロジェクト(My Project)を通じた学びの重要性、それらをサポートできる教育・学習環境デザイン・開発・社会実装の推進ができる事業を進めていくお話がありました。
#懇親会でも浅野さんとお話し、これからの人材育成に対して、強いメッセージを受けました。

パネラー講演では佐藤先生から、EdTechの定義、考え方についてお話がありました。Educationにおいて、Technologyが使われることがこれまでもありましたが、EdTechでは、Education × Technologyによるイノベーションが見えることに重きが置かれること、それはTechnologyの進化は止まらず、薬にも毒にもなるが、それを教育においてうまく薬にしていく仕組みを作り上げていくことが重要であることをお話下さいました。進化は止まりませんが、技術的な新旧ではなく、自らの回りの問題の本質を捉え、Technologyによって状況を変えていけることがポイントであることです。佐藤先生が代表理事を務められています教育イノベーション協議会が主催のEdvation x Summit 2018でもこの点はよく見えるかと思います。

斎藤先生からはUNESCO、IFIPにおいて行われているDigital Agencyという概念についてお話下さいました。EdTechが推進されていくことで生まれるイノベーションはもちろん学習者のためであり、教育に広く関わる人たちのためでもあるわけですが、享受者に対して、より具体的に、何を目的とし、何ができることとなるのか、それはEdTechによるイノベーションによるものなのかなど、具体的な観点を与えてくれるものであるというお話がありました。
IFIP(International Federation For Information Processing): https://en.unesco.org/partnerships/non-governmental-organizations/international-federation-information-processing

島田先生からは具体的な研究事例として、島田先生の研究分野であるイメージ処理・パターン認識を教育・学習に適用したラーニングアナリティクス研究の紹介をして下さいました。九州大学内で動いている授業進行状況をリアルタイムでログ解析し、教員へフィードバックするリアルタイム分析(実時間分析)、小テストの回答状況を踏まえて、個別最適化した復習教材の自動生成システムのご紹介などありました。

パネルディスカッションでは、山内先生より、山内先生がこれまで取り組まれてきた産学官連携のEdTech研究の事例をご紹介下さった上で、ICTを活用した教育・学習研究を進めてきた経緯をご説明下さいました。その上で、EdTechという言葉を使う(使わない)意味、現場を巻き込む戦略をどうするのか、教育工学会への期待はどうかといったご質問がなされ、パネルディスカッションが行われました。
BEAT: https://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/archives/beat/
FLIT: http://flit.iii.u-tokyo.ac.jp/index.html
#MEETのアーカイブページがない・・・

パネルの流れにつきましてはTwitterのハッシュタグ、#jset34にシンポジウムの内容をご参照ください。重田先生@北海道大学、村上先生@京都外国語大学の両先生が整理されています。

———–
これまでのEdTechの記事や本シンポジウムの話を聞いて、私が感じたことは、教育・学習のとらえ方の広さ・狭さ(それは教育工学研究者が対象としているフィールドにも強く依存していると思います。特にフォーマル学習・インフォーマル学習など)や主として関わっている方々の背景の違いがあるものの、目指している方向は同じですし、それぞれ強みが違うのだろうと思っています。

EdTechはイノベーティブな教育・学習環境を広く社会実装がなされるものと思います。浅野さんや佐藤先生の言葉を使うと「学校だけ、または中心ではなく、地域での学習イベント、塾、図書館など様々なところで発生するMy Projectという学習資源に満ちた場・文脈をシームレスにつなぎ、社会としてLife long learners(もちろん子どもたちも含む)を支援する」ということだと思います。その実現のためには、問題の切り口の選定、実装スピード、強い意志を持ちながらも緩いコミュニティが必要かと思います。この前者2つはEdTechが強いところだと思います。
#経産省のEdTech事業。採択事業の様子が逐次、生の動きが見られるのはとてもいいです!!
https://www.learning-innovation.go.jp/

教育工学研究のアプローチは伝統的に「教育・学習環境で実際に起こっている諸問題に対する解決策を理論に基づいてデザイン・開発・評価し、解決をすること」です。現実の問題、ルール、状況に応じたProblem-Solution思考であることが主であろうと思います。
参照:教育工学の研究をしたい方へ
http://mark-lab.net/?page_id=854

しかし、教育工学研究が社会実装を考えていないかというとそんなことはありません。教育工学が「工学」と言われる所以は、さまざまな文脈で活用できる教育・学習に関するモデルを構築することにあります。たとえば教育工学研究における1つの大きな分野である教師教育研究は、授業デザインや進行は専門家の暗黙知が集約された職人芸という見方がありましたが、職人芸を職人芸でそのままにするのではなく、職人芸を広く展開していけるモデルを構築し、教師を適応的熟達者に育成していくことを1つのゴールにもしています。さまざまな教育・学習に関わる場におけるソリューションモデルを構築していく様々なノウハウを教育工学研究は持っています。インストラクショナルデザインはその最たるものだと思いますが、他にもModified Grounded Theory Approach(M-GTA)を用いて、質的データから仮説モデルを構築し、研究対象となっているフィールドにおける状況をモデル化する研究もされています。またデザイン・開発したソリューションがどのように現場に適用して、改善されていくのか、パフォーマンスをあげていくのか、デザイン研究(Design-based research)を適用して研究をしている研究チームもあります。その過程では、構築したモデル、ソリューションの効果を評価する必要もあります。技術的な面でも、近年ではラーニングアナリティクス研究が国内外で広がりを見せていますが、ラーニングアナリティクスに関する技術的要素もEdTechが推進されるフィールドに、まさにフィットするものと言えるでしょう。

以上のような点はEdTechが目指す教育・学習における大きな動き・変革のためには必要な要素のように思います。今回のシンポジウムにおいて、EdTechが目指していることと教育工学研究の接点の多くを見出すことができました。目指すべき教育・学習の考え方は省庁によっても違いがあるでしょうし、教育工学会における研究者でも研究分野によっても違いがあると思います。ただ、対立軸のように捉えるのではなく、目指すべき教育・学習環境の構築、その先にある人材像、国、世界を考え、My Projectが広がっていけばいいなと思います。

私自身も微力ながら、経済産業省EdTech事業の一部に関わっております。その関わりを通じて、教育工学が貢献できることを発揮できればと思います。

#事前打ち合わせや懇親会の時に、浅野さんと佐藤先生とも少し話した
#のですが、こういう話を中高生や大学生と議論していくことが大事だと
#思います。2018年度前期の私の授業ではEdTechをテーマに議論した
#のですが、とてもいい議論になりました。EdTechについて大人だけで
#ではなく、子どもたちも考えていく機会を増やすことも重要ですね。

教育工学研究で出てきた用語や動向が説明されている文献について
EdTech

インストラクショナルデザイン
下記文献はわかりやすいと思います。

Modified Grounded Theory Approach(M-GTA)
M-GTA研究会
https://m-gta.jp/index.html

デザイン研究(Design-based research)
静岡大学RECLS:学習科学とは(軽くデザイン研究について説明されています)
下記文献も良いと思います

ラーニングアナリティクス
緒方広明「大学教育におけるラーニング・アナリティクスの導入と研究」, 日本教育工学会論文誌 41(3), 221-231
https://ci.nii.ac.jp/naid/130006337697
山田政寛「ラーニング・アナリティクス研究の現状と今後の方向性」, 日本教育工学会論文誌 41(3), 189-197
https://ci.nii.ac.jp/naid/130006337694

挑戦的研究(萌芽)が採択されました



大変ありがたいことに挑戦的研究(萌芽)が採択されました。正直、私自身が一番驚いています。まさか通るとは・・・いや、もちろん、通したいという気持ちで、良い研究だと信じて、申請書は書いているわけですが、あの採択率を見ると、通る気がしないといいますか、厳しい門になったなあというのが正直なところです。

まずは審査員の先生方に感謝を申し上げたいと思います。お忙しい中、大量の申請書の中から本研究について価値を見出して下さったことに感謝申し上げたいと思います。3年ですが、よい研究になるよう、頑張って参りたいと思います。

テーマとしては自己調整学習なのですが、学習ログに加え、教室内の座席位置に加え、行動データも組み合わせた自己調整学習のモデルを検討し、構築を目指すものです。まさに、なかなか「挑戦的」なテーマになっています。学習行動の類似性も関係してくるので、このあたりとうまく整理して、統合した自己調整学習モデルを構築できるといいなと思っています。

分担者は熊本大学の合田先生に加え、電気通信大学の江木先生とやっていくことになっています。合田先生にはインストラクショナルデザインから見た、教育評価、モデル構築、江木先生にはセンサーを活用したシステム開発、ログ関係のシステム開発をお願いすることになっています。

よい研究にしていきたいと思います。