論文が採択されました!


今年はいろいろ研究成果のパフォーマンスを上げていきたいなと思い、論文や国際会議を出していこうと思っていますが、大変嬉しいことに、投稿していた論文が採録されました! といいましても、昨年度CELDA 2015でBest Paper Awardを受けたもので、それを追記・修正したものなのですが・・・CELDAのコミッティーの先生方から、国際会議CELDA2015で発表した内容を方法、ディスカッションなどを追記・修正したものを論文誌に出すよう推奨されていて、大変ありがたく、投稿しておりました。「軽微な修正」ということで1回目査読が返ってきましたが、なにげに重いものも結構あって、大変でしたが、ちゃんと成果になってうれしいです。

採録されたのはJournal of Computing in Higher Education誌(Springer, インパクトファクター 0.500)です。内容はCELDA2015で発表した内容で、自己調整学習と積極的先延ばし行動(Active procrastination)、課題提出時間のログの関係性について、パス解析をしたものです。こうやって国際的にも評価をしていただけると、モチベーションが上がりますね!!ますますいい研究をし、国際的に発信をして、教育工学研究領域の発展と、教育・学習をよりよくしていく、役に立つ研究にしていきたいです。

最後になりましたが、査読者の先生方に厚く御礼申し上げたいと思います。ご指導を頂き、感謝しております。ありがとうございました。

Yamada, M., Goda, Y., Matsuda, T., Saito, Y., Kato,H., & Miyagawa, H. (in printing). How Does Self‑Regulated Learning Relate to Active Procrastination and Other Learning Behaviors?, Journal of Computing in Higher Education
http://link.springer.com/article/10.1007/s12528-016-9118-9

中間発表会を終え・・・プレゼンに思う


この度は私の研究室の修士学生2名が中間発表会を受けました。質問内容を聞いていたのですが、新鮮な感じでした。教育工学ではあまり聞かれないことについてご質問してくださったり、内容によっては教育工学の研究者全体が考えないといけないこともありました。

#なので、学生に回答しなさいというのもちょっと酷な感じもあったり・・・汗
#私も大学院時代から思っていたことでもあるけど、学生への質問というのは、
#その指導教員に対する質問であったりするんだよね。

うちの学生たちもご指導を受け、いい研究にしていけそうです。修士論文執筆も考えると、研究ができるのは残り半年もないですが、いいものにしていってほしいですね。

ところで、中間発表会でうちの学生たちを始め、修士学生のプレゼンを聞いて、いろいろ思ったことがあります。あくまで私見です。また修士の中間発表会という場に限定してのことです。

1:練習はしっかりしないといけない
やはり練習している・していないというのはすぐにわかりますね。質疑応答での対応もそれがわかります。想定質問も考え、どう回答するかもシミュレーションしていると、質疑応答も堂々としていますし、見ていて、しっかりしていて、好印象に映ります。練習をしっかりしなければなりません。

2:予備スライドは作っておく
時間制限のある中で、すべてを説明することは難しいです。細かい情報は予備スライドを作って、質疑応答で対応するというのも戦略です。細かい情報を見せて、そこに時間をかけるよりも、流して、結果・考察など、自分の研究のオリジナリティを示す上でメインのところに時間をかけるようにしましょう。これをするにも1で書いたように、練習をいっぱいして、想定質問を考えておかないといけませんね。

3:図表、動画など、わかりやすいメディアを使う
口頭で説明するよりも、動画・画像の方が伝わるなら、それらを使わない手はないです。

4:「戦う」場ではなく、指導してもらう場であること
修士の中間発表会ですから、教員も完璧な研究ができているなんて思ってはいません。博士課程学生ならまだしも修士ですからね。いろんな表現をする教員がいますが、基本的には「論理的にずれている点(根拠がない、データによる裏付けがない、解釈・表現が飛躍しているなど)・詰めが甘い点・視野が狭い点」などについて聞いています。それは今後、研究をすすめる上で修正してほしい・検討してほしいということです。無理して、取り繕って、回答しても、そこからまた更に大きな穴が空き、ボロボロになっていきます。

5: 修士学生であっても堂々としていればいい
教員の前とはいえ、その研究をやったのは「あなた」なのであって、その専門家は「あなた」なのです。理論面など弱いところも多々あるとはいえ、その研究を一番説明できるのは「あなた」です。そのためにも、自分の研究については一番自分がわかっていなければなりません。これができないと、質問のトリートもできません。つまり、受けた質問が何について聞かれているのか、ポイントをついた質問なのか、ずれたものなのか(それは説明不足などでプレゼンを誤解されている可能性も高い)も判断がつかないです。

以上が主に感じたことでしょうか。これらのことに早く対応できるようになるためにも、修士1年、可能であれば、学部生のころから学会の全国大会レベルから定期的に発表して、場慣れしておくのが良いかと思います。もちろん、ここまで来るには、ちゃんと研究をしていないといけません。修士2年の夏にもなって何もしていません、何もレビューしていません、何もデータがないとかはマズいですね。先行研究をちゃんと読み、研究計画をたて、実施し、データとして結果を出しているというところまで行って、上記のことが大事になりますので、ここは忘れてはいけません。

あと、前に「質疑応答スキル」というエントリーも書きましたので、ご参考にしてもらえるといいかと思います。
http://mark-lab.net/?p=189

ICWL・SETE2016にてTELLのワークショップを行います


大学院の出身研究室の先輩であります、楊先生@台湾 国立中央大学からのお知らせです。国際会議 International Conference on Web-based Learning(ICWL) 2016(第1回 International Symposium on Emerging Technologies for Educationと共催)が10月26日から29日までイタリアのローマで開催されますが、その中で、Technology-Enhanced Language Learningのワークショップが開催されます。採択されますと、SpringerのLecture Noteシリーズに掲載されるとのことです。

言語教育の分野では情報通信技術は昔から使われてきましたが、今も新しい技術が登場するたびに、さまざまなチャレンジが言語教育研究において行われています。CALLの研究分野でも教育工学の観点に立った研究手法も用いられるようになってきました。CALL関係の研究者のみなさまで、ご関心がある方はぜひチャレンジしてみてください。原稿締め切りが7月1日(当初は6月20日でしたが、延長されました)となります。まだ1ヶ月以上もあります。時間もありますので、ぜひご投稿ください。お待ちしております。

CfPはこちら
TELL workshop for SETE 2016 Website

多次元アクティブラーナー尺度開発、ラーニングアナリティックスの紀要原稿が公開されました


基幹教育院では基幹教育紀要を1年に1回、刊行していますが、この度、第2回が出ました。紙媒体では既に出ていたのですが、PDF版として公開になったようです。

この度、連名になっているのは

  • デジタル教材の閲覧ログを利用したアクティブ・ラーナーの学習行動の分析
    緒方 広明, 殷 成久, 大井 京, 大久保 文哉, 島田 敬士, 小島 健太郎, 山田 政寛
  • eポートフォリオは省察に有効か? ポートフォリオの媒体の違いが学習者の主観的効果に与える影響の分析
    山田 政寛, 岡本 剛, 島田 敬士, 木村 拓也, 大久保 文哉, 小島 健太郎, 緒方 広明
  • 多次元アクティブ・ラーナー尺度の作成と信頼性・妥当性の検討
    山形 伸二, 山田 政寛, 中園 晴貴, 田中 岳, 新谷 恭明, 丸野 俊一

です。緒方先生の原稿では、2月にプレスになりました、基幹教育院ラーニングアナリティックスセンターで行っている、学習ログから学習者の学習行動を分析していった結果について記述されています。成績との関係、成績の伸びとの関係、予習復習の行動の分析など、多角的に分析をしたものが掲載されています。

eポートフォリオの原稿は私が筆頭になっているのですが、これはそもそもeポートフォリオの効果ってなんだろう?という疑問からスタートしています。九州大学ではeポートフォリオとしてMaharaを使っているのですが、それをいくつかのクラスで限定的に行い、紙と比較することで、学生がeポートフォリオに対してどういう認識を持つか、検討してみたというものです。eポートフォリオになることで、さまざまな学びの軌跡が蓄積されていくわけですが、今後、どうなっていくのか、見ていく必要があると思います。

最後に多次元アクティブ・ラーナー尺度開発なのですが、本学は基幹教育で、アクティブラーナーの育成するとしているのですが、その評価というのをどうするのか検討し、評価するための尺度を作成することになりました。その尺度の構成、開発、その妥当性の評価について記したものです。この尺度と他の項目などのデータも収集し、評価を経年で追って、行っていく必要があります。

本学だけではなく、みなさんの大学でも同じような課題をお持ちかと思いますので、参考になればと思います。

基幹教育紀要 第2巻
http://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/kikanbulletin/latest.html

科研費に申請していた研究が採択されました!!


4月1日というのは、大学教員はかなり緊張する日だと思います。幸いにも、科学技術研究費補助金 基盤研究(B)(一般)に申請していました研究が採択されました!!審査をしてくださった先生方、ご協力下さいました共同研究者の先生方には大変感謝致します。これから3年間、よい研究をし、日本、その先の海外も含めて、教育環境の発展に寄与する研究にしていきたいと思います。

研究の内容は、これまでやってきたプロジェクト型学習支援システムを拡張し、社会的共有調整学習理論(Social-Shared Regulated Learning: SSRL)に基づいて、新機能を開発し、その効果の検証をしていきたいと思います。SSRLというのは2006年頃から提唱されており、最近、注目される理論の1つです。Journal of Learning Sciencesなどでも見られるようになってきました。心理的な調査などから、SSRLのフレームワーク、モデルのようなものも出てきていますが、他の理論との接合性、さらにはこれを活かした学習支援、特にシステム開発研究というのは数少ない状況にあります。

本研究は、授業デザインや学習成果の評価を中心にご活躍されている研究者、テキストマイニング・機械学習を専門とする研究者と連携した共同研究になります。良いものを作って、よりよい学習環境の発展に貢献していく研究にしたいと思います。

Learning Analytics研究に関する研究者を募集しています


今、私が協力教員で関わっています基幹教育院ラーニングアナリティックスセンターでは学習支援システムのデータの可視化やログを活用した教育・学習支援システムを開発し、評価するといった大型の教育研究プロジェクトが進んでいます。

この度、学習支援システム、学習データ分析、データ可視化技術に関する研究分野の研究者を公募することになりました。教育・学習を変えていく国際的にも規模が大きい開発研究プロジェクトになります。是非、このプロジェクトにぜひ関わってみたい、実践にも展開できる開発研究をしたい研究者の方、ご応募ください。お待ちしております!!締め切りまで時間があまりないようですので、お早めに。九州大学、そして我が国の教育・学習の発展に貢献していく研究、やっていきましょう。

ご興味がある方はぜひ下記をご覧下さい。

九州大学 基幹教育院 ラーニングアナリティックスセンター 特任准教授、特任助教または学術研究員の募集(ラーニングアナリティクス、データ分析・可視化分野)
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D116020299&ln_jor=0

どうぞ宜しくお願い致します。

博士後期課程学生を受け入れることができるようになりました!


もう2月なんですね!これがまさか今年初のエントリーになるとは・・・(笑)明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。

さて、もう公式に決まったので、お知らせできるのですが、平成28年度10月より、博士後期課程の学生を受け入れることができるようになりました!先月の教授会で承認されました。本当は4月からできるのですが、もう院入試の出願受付が終わりましたので・・・

もし、博士後期課程の入学を希望される方は「教育工学の研究をしたい方へ」をお読みなり、ぜひ挑戦したい方は、私にコンタクトをお取り下さい。

教育工学で、教育の発展に、今後の教育人材育成に貢献したいみなさん、来たれ!!

今年もありがとうございました


もうあと1時間ちょっとで2015年が終わります。長かったようで、短かった1年。九州大学に着任して3年目が終わろうとしています。ちょうど2013年1月1日着任だったんですよね。今年もみなさんに大変お世話になりました。ありがとうございました。

2015年を振り返ってみると、大型の研究プロジェクト「ビッグデータの教育分野における利活用アプリケーションの研究開発」が本格的にスタートし、微力ながら関わっていくことになりましたし、福岡県新たな学びのプロジェクトにも関わることができました。新しい経験をし、学びを楽しむことができました。自分主導の研究プロジェクトとしては今年度から挑戦的萌芽研究のご支援を頂き、学習ゲームに関する研究をスタートしました。

研究業績としては・・・
・論文は・・・なんと1本(泣・・・しかもファーストはなし)
・国際会議 9本(うちファーストは2本)
・書籍 1本(初の編著)
でした。論文は1本でしたが、インパクトファクターがあるものなので、とても良かったと思います。あと、国際会議もファーストは9本中2本でしたが、2本ともAwardを受賞するという、大変ありがたいことではありますが、ちょっと出来過ぎな感じがしています。山があれば谷がある。谷が来るのではないかと不安ではあります。

私がファーストの論文は採択は既に決まっているのですが、出版は2016年なのでカウントはしていません。2016年は論文をもっと出していかないと行けませんね。まだまだがんばりが足りません。11月にAECT Annual Convention@Indianapolisに参加してきましたが、アメリカでがんばっている中国人・韓国人若手研究者はとても積極的に国際会議で発表し、論文をどんどん早いサイクルで出しています。ポスドクも、いつ雇用期限が終わるかわからない中、とにかく前を向いて、研究業績を挙げています。日本の教育工学研究者(特に若手)はもっとこういう会議に出て、刺激を受けて、どんどん国際的に自分の研究業績を発表し、研究領域の発展と教育改善に貢献しないといけませんね。私はホントまだまだです。全くダメだなと。それを痛感して帰ってきました。自分を奮い立たせる良い機会になります。

「ビッグデータの教育分野における利活用アプリケーションの研究開発」では、関わっているメンバーがみんな、がんばってファーストで国際会議や論文を書いていくので、とても刺激になります。情報工学系の研究者の研究成果プロダクティビティには頭が下がりますね。しかも、関わっているみんなが協力して、成果を上げていくというのはすばらしいと思います。みんなが投稿する国際会議や論文(特集号などデッドラインがあるものなど)を選んで、がんばっていく感じです。このような自分を成長させる、よい機会を頂いたので、精一杯、がんばりたいと思います。

来年も実践に活きる研究ができればと思っています。来年も宜しくお願い致します。

教育工学選書2「インフォーマル学習」が出版されました!!


IMG_4037-e1450808012816-225x300とうとう出ました!!感激です!!教育工学選書2「インフォーマル学習」が発刊されました!!山内先生@東京大学にお声かけ頂きまして、山内先生と編者をしました。内容は、近年、国内外で増えてきているインフォーマル学習に関する研究や実践の動向、研究の方法や方法について、職場学習、ワークショップ、サービスラーニングなどのトピックに沿って、整理しています。本書の執筆にご協力くださいました、美馬先生@公立はこだて未来大学、荒木先生@産業能率大学、河井先生@立命館大学、佐藤先生@愛知淑徳大学、森先生@帝京大学に御礼申し上げます。ありがとうございました。また、私の章では、緒方先生@九州大学、毛利くん(緒方研の博士学生さん)@九州大学、松浦先生@徳島大学、後藤田先生@香川大学より画像提供のご協力を下さいました。ありがとうございました。また編集作業では、浅井さん@ミネルヴァ書房に大変お世話になりました。ありがとうございました。みなさんのご協力があって、この本が出版できたことに感激しております(涙)。

私はICTとの関連について説明をしていますが、スマートフォンなど、手軽なモバイル端末が広がり、インフォーマル学習環境が広まっています。ICTとの関係で言うならば、授業外の学習状況(ログ)を把握することが可能となったというのはとても大きいことではないでしょうか。学習者が身から話さずに持っているスマートフォンなどのモバイル端末を活用したインフォーマル学習の広がり、そしてログを活用して、インフォーマル学習のデータ分析が可能になったことで、これからますますインフォーマル学習の研究が発展していくことが期待されます。これからが楽しみですね!!

もし、本書につきまして、ご興味がありましたら、ぜひお手にとり、ご一読ください。どうぞ宜しくお願い致します。書店には来年に出るそうです。

福岡県「新しい学びのプロジェクト」関係の発表を行いました


去る12月12日、現在、文部科学省から指定を受けて行われてる、公立高校におけるアクティブラーニング推進プロジェクトであります「福岡県 新しい学びのプロジェクト」ですが、私が関わっております糸島高等学校での実践につきまして、日本教育工学会研究会@新潟大学にて報告をしました。

江藤真美子, 井上功一, 山田政寛 (2015) 高等学校における反転授業とゲーミフィケーションを取り入れたヘルスリテラシー教育の意識面に対する効果, 日本教育工学会研究会15-5, 49-55

生物×健康教育を掛け合わせた授業で、反転学習、知識構成型ジグソー法にゲーム的な要素を入れて、短期間ですが、実践で行いました。反転学習ではNHK高校講座「科学と人間生活」を事前学習教材として使用しました。ICTの利用では、GoogleのChromebookを使用しました。持ち帰りで対応することも考えましたが、自宅に無線の環境がない家庭もあることから、放課後などでChromebookを使用して学習できる環境を学内に構築し、そこで事前学習ができるようにしました。学習管理システムとしてGoogle classroomを使用しました。

主観的な効果で事前事後と比較すると、今回、計測対象となった、健康管理に関するリテラシーや理科に対する興味関心について伸びていることがわかりました。また、反転学習の負荷が気になるところではありましたが、見てくる動画が3,4分程度であり、動画を見て、穴埋め形式と自由記述の課題を行ってくるというもので、動画さえしっかり見れば出来る課題にはなっているので、そこまで重くなかったように思います。

さて、これからですが・・・情報端末の導入、無線LANの利用への障壁が大きいので、ここをなんとかしなければなりませんね。また民間のクラウド利用が全国的にも教育現場ではできない自治体がほとんどで、福岡県もその1つではあります。このあたりは苦労しました。福岡県も民間のクラウド接続が禁止されていますので、Googleの利用はできません。ただ、糸島高校は研究指定を受けているので、特例で、かつ民間クラウドの利用可能性を検討する意味合いでも、許可を受け、実践ができました。ですが、これはずっとは続きません。

端末もChromebookなど安価な端末も出てきましたし、タブレットもiPadのように高機能の端末を用意できればいいでしょうけど、それだけ高価な端末になりますので、なかなか手が届きません。教育現場の声も、タブレットの代名詞のように”iPad”という声が聞こえますし、iPadがいいという声もあります。しかし、自治体が持ち得る財源には限りがあります。安価なWindows搭載の10.1 inchのタブレットやAmazonからも安価なタブレットが出てきましたので、これらまで採用の範囲が広がれば、教育現場への情報機器類導入が進むのではないでしょうか?もちろん、前提として、教育現場の先生方がICT活用に積極的であることになります。私は福岡県はかなりICTアンチの教員が多いんだろうなと思って、今回の実践に関わり、覚悟はしていたのですが、意外にそうでもなく、さまざまな活用アイデアを出される先生方も多かったです。かなり驚きました。また、他校の先生の声を聞いてみると、意外に民間クラウドの利用に積極的な声も多かったです。

この実践は、福岡県の現状を考えると、かなり先端的なものになりますが、今後、ICT活用、クラウド活用が見直され、この動きが広まっていけば、今回の実践で培ったことが活かされるのではないでしょうか。これからに期待です。