基幹教育キックオフシンポジウム「大学における学びのあり方を問い直す」を開催致します


とうとう今年度から、学びの「体幹」をつくりあげる基幹教育がスタートしました。今日から2週目に入ります。基幹教育のスタートということで、基幹教育キックオフシンポジウム「大学における学びのあり方を問い直す」を開催することとなりました。全国の大学でも、教養教育の再編は大きな教育的課題の1つかと思います。九州大学ではこれまでの全学教育を見直し、基幹教育をスタート致しました。シンポジウムでは国際教養大学長の鈴木先生、マサチューセッツ工科大学の宮川先生をお招きし、これからの高等教育の方向性についてご講演頂きます。パネルディスカッションでは東京大学副学長 吉見先生、同志社大学の山田礼子先生をパネリストとしてお呼びし、本学教員と次世代の育成を担う基幹教育について議論していきます。高等教育や教養教育に関しまして、ご興味ある先生方、職員さん、学生さんはぜひご参加下さい。多数のご参加、お待ちしております。

基幹教育キックオフシンポジウム「大学における学びのあり方を問い直す」
九州大学は、平成26年4月に学士の教育課程の全面的な見直しを行い、新たに基幹教育を開始しました。基幹教育は、「学び方を学ぶ」「考え方を学ぶ」場を提供することで、生涯にわたって自律的に学び続ける態度、幅広い視野、専門を異にする他者と協働して問題を発見・解決するスキルを有したアクティブ・ラーナーの育成を目指しています。本シンポジウムは、基幹教育の構想と展望を広く社会に発信すると同時に、学外から高等教育・教養教育の専門家をお招きし、本学の次世代育成を担う基幹教育について開かれた議論を行います。高等教育・教養教育に関して、ご関心のある方々、多数のご参加、お待ちしております。

日  時:平成26年5月24日(土)13:00~

場  所:椎木講堂(九州大学伊都キャンパス)
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/

13:00  開会

13:20  基調講演1
「大学における教え方を問い直す -20世紀型から21世紀型へ-」
講 師:鈴木 典比古(国際教養大学・学長)

14:05  基調講演2
「教育のオープン化 -いったい何が起こるのだろう-」
講 師:宮川 繁(マサチューセッツ工科大学・教授)

15:00  取組報告
「基幹教育とは ~アクティブ・ラーナーの育成を目指して~」
谷口 説男(九州大学基幹教育院・副院長)

15:30  パネルディスカッション
第一部:パネルディスカッション
「次世代育成を担う基幹教育への期待と展望」

司 会:新谷恭明(九州大学基幹教育院教授)
パネリスト
・吉見俊哉 氏(東京大学副学長)
・山田礼子 氏(同志社大学学習支援・教育開発センター長)
・谷口説男(九州大学基幹教育院副院長)
・髙山倫明(九州大学大学院人文科学研究院教授)
・園田佳巨(九州大学大学院工学研究院教授)

◇第二部:フロアとの質疑応答

17:30  閉会

参加申込:次のURLから申し込みください。
http://goo.gl/KvqpYz

【お問合せ】
〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学学務部基幹教育課
電 話 : 092-802-5900,5913
FAX : 092-802-5990
E-mail : kickoff[atmark]artsci.kyushu-u.ac.jp ([atmark]を@に変換してください)