電子書籍作成入門2012が終わる


今日で全ての授業が終わりました。今日は電子書籍作成入門の最終プレゼンテーションでした。この半期で取り組んできた電子書籍作成の成果物として電子書籍を紹介しつつ、作成背景について説明し、最後に感想を述べてもらうというものです。

今回は受講数の関係で1チームしかできませんでした。しかし、授業外もものすごくがんばってくれました。今回はiBooks Authorを作成アプリとし、本センターにおいてあるMac Miniをつかって作成していました。

 

 

作成された電子書籍のテーマはiBooks Authorを使った電子書籍の作り方です。Web上にもiBooks Authorの使い方はあるのですが、受講者らが「読んでいても難しい」ということで、簡易な形で、基本的な機能を紹介したものになっています。テキスト入力、画像挿入、動画挿入、リンクなどです。カメラから挿入するところや、iPhoto、iMovieで編集し、QuickTimeで動画のフォーマットを変える方法も掲載されています。

本学はWindows OSがインストールされたノート型のコンピューターを全学必携の、推奨モデルとして学生に持たせています。なので、そもそもMacに使い慣れていない学生が多いのです。それを見越して、来年度、この授業を受講する学生向けに作ってみたということでした。

良いモノで、大変ありがたいですね。この電子書籍作成入門というプロジェクト型の学習を通じて得たものを次の学びで行かせることを願っています。