EduSummit2019の成果がETRD誌に採録されました!!

CELDA 2020における山田研学生の陳さんがBest Paper Award受賞の報告をしましたが、続いて、昨年参加しましたEduSummit 2019における、Learning analytics (LA)のグループの成果がEducational Technology Research and Development (SSCI, Impact factor: 2.303)に採録されました!!本稿のとりまとめ、主執筆をされましたDirk Ifenthaler先生、一緒にケベックで議論を行ったLAのWorking groupのみなさまに感謝致します。また共同執筆をしたDavid Gibson先生、Doreen Prasse先生、島田先生ともよきコラボレーションでSSCI Journalの論文に成果を出せたことを大変うれしく思います。

Ifenthaler, D., Gibson, D., Prasse, D., Shimada, A., and Yamada, M.(in press). Putting learning back into learning analytics: actions for policy makers, researchers, and practitioners. Educational Technology Research Development. doi:10.1007/s11423-020-09909-8

EduSummit 2019では教育とICT関係のTheme-based Working Groupが12,3つあったのですが、島田先生と私はLearning analyticsのTWGに参加し、LAを広げていくにあたり、教員や教育業界で働く方々等の実践者、政策決定者、研究者が世界的な課題において何をやるべきか、それぞれの実践を持ち寄り議論をしました。日本からは私たち2人が参加し、九州大学や、京都大学との共同研究の成果について紹介をしました。それらをUNESCOへMeeting agendaとして提言をしました。それらをさらに各執筆者が精査、整理、追記し、論文化しました。

研究者に限らず、広くLAに関わっているみなさまに向けて、Open Accessとなっておりますので、ぜひご覧ください。