図書館総合展に行ってきた


今日は図書館総合展に行ってきました。大変活気のある展示会でした。ブースを回っているだけでも楽しかったです。いろんな図書館業務があり、それぞれにソリューションってあるんだなと実感しました。私たちが普段、あまり意識していないところにもいろんなものが導入しているんですね。

私は今回、山内祐平先生@東京大学が司会をされた「図書館における学習支援の現状と課題」で金沢大学と海外の事例について報告をしました。金沢大学は国立の中では、インフォーマルラーニングに関する支援というのはしっかりやっている方ですし、カフェの構造上、大学図書館と連携して、イベントが行いやすいというのがあります。そこで行われているイベント、また私が行っている「学習環境デザインプロジェクト」という授業における、「学びの場」としての大学図書館デザイン案の提案などお話をさせていただきました。また海外の事例では今年3月に回ってきた香港・シンガポールの大学図書館・ラーニングコモンズの調査結果、またオーストラリア、アメリカの図書館の事例について簡単ではありますが、お話をさせて頂きました。

いろんな大学の事例もありますし、今回、私たちの後のセッション、野末先生@青山学院大学がコーディネートされたセッションでもお話がありましたが、大学図書館がどう教育に寄与できるのか、考えて明示化し、行動しなければならないと思いました。国立大学であれば、第2期中期計画、年度計画がありますし、日本の大学ではアドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー、カリキュラムマップが公開されていますよね。そこで何ができるのか、考えていかなければならないと思いました。

これからも大学図書館における学習支援、いいものを出していけるようにがんばっていきたいです。今年3月の訪問調査の結果については下記で掲載されているので、お読み頂ければと思います。

今回の図書館総合展、非常に刺激になりました。ありがとうございました。

学習支援促進のための三大学連携事業による海外大学図書館調査報告書 : 香港,シンガポール,オーストラリアの大学図書館におけるラーニング・コモンズの整備及び学習支援の現状

http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/16799

学習科学入門ワークショップに参加しました


金沢大学、名古屋大学、静岡大学の大学図書館で行っているインフォメーション・ライブラリアン育成事業で、ワークショップのデザインを考えるために重要な学習科学の基本を勉強するために、静岡大学で学習科学入門ワークショップが開催されました。

本事業に関わる大学図書館員向けのワークショップで、講師は静岡大学の益川弘如先生です。学習科学がどういう研究領域なのか、どういうことが研究知見としてあるのかなど、説明があったのちに、実際に体験するというワークショップが行われました。私自身も参加して、非常に楽しかったです。金沢からは残念ながら私1人の参加でしたが、名古屋大学、静岡大学の大学図書館職員さんは非常に積極的で、楽しく学ばれていたように思います。このように、意識の高い大学職員さんたちがもっと増えていくと、全学的に在り方を考えるような良い場が作られていくように思います。大学を越えて、教職連携というのは、お互いの意識がうまく1つに合えば、すばらしいものができるんだなと思います。これからが楽しみな事業になります。

この内容については、12月8日に金沢で開催される第10回大学教育セミナー「『学びの場』に向けた大学図書館の再構成を考えるー学習支援促進のための三大学連携事業の中間報告」にて、報告されます。ぜひご参加ください。参加ご希望の方はこちらよりお申し込みください。

静岡大学附属図書館の入り口には「しずっち」がいます。こないだ、こちらに訪問させて頂いたときはポッキーを持っていなかった!これ、人がかぶることできるのかな?

 

大学コンソーシアム石川のFD・SD研修会でアクティブラーニングのお話をします


年末になると、いろんなイベントが出てきますね。私もバタバタしております。

さて、来週11月14日(水曜日)なのですが、大学コンソーシアム石川FD・SD研修会にて、ソーシャルメディアでアクティブラーニングの支援をすることに関するセミナーをします。近年、プロジェクト学習などのアクティブラーニングが多くの教育機関で導入されてきていますが、授業外支援をどうするのか、という点が大きな問題点であると指摘されています。今回のセミナーではFacebookやTwitterといったソーシャルメディアといわれるツールをアクティブラーニングの支援にどのように使っていくか、議論をしたいと思います。

近隣の大学の教職員さんでご興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください。お申し込みは不要のようです。どうぞよろしくお願い致します。

大学コンソーシアム石川平成24年度第7回FD・SD研修会
時:11月14日(水) 18時~19時30分
所:石川四高記念文化交流館2階多目的利用室5
講師:山田 政寛(金沢大学 大学教育開発・支援センター 教育支援システム研究部門 准教授)

テーマ:「ソーシャルメディアでつなぐアクティブラーニング支援」

趣旨:本年8月の中教審答申『新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて』は、「生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を持った人材は、学生からみて受動的な教育の場では育成することができない。従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換が必要である」と指摘しました。しかし、授業外の支援をどのように行うのか、大きな課題となっています。一つの方策として、多くの学生たちが利用している、ツィッター、SNS・Facebook、Youtubeなどのソーシャルメディアの活用があります。ソーシャルメディアを用いることで学生の学びにどのような変化が実際に起きているのか-報告をもとに、新時代のアクティブラーニングについて考えます。

第10回大学教育セミナー 「『学びの場』に向けた大学図書館の再構成を考える―学習支援促進のための三大学連携事業の中間報告」 を開催します


とうとう、第10回になるんですね。第10回大学教育セミナー「『学びの場』に向けた大学図書館の再構成を考える―学習支援促進のための三大学連携事業の中間報告」を12月8日(土曜日)13時から開催します。文部科学省の平成22年「大学図書館の整備について(審議のまとめ)」にも書かれていますように、大学図書館を「学びの場」として再構成していくことが望まれています。ここ数年で、大学図書館内にはラーニングコモンズを中心とした、利用者が大学図書館のリソースを活用して、議論など活発に学習することができるスペースが作られてきています。しかし、「学びの場」として変えていくには、いろいろ考えなければならない課題も数多くあります。これは大学図書館職員だけの問題ではなく、教員も、学長や副学長などの上層部も真剣に考えなければならないことだと思います。

本年度から金沢大学は、名古屋大学、静岡大学の図書館と連携した、「学習支援促進のための三大学連携事業」をスタートしました。1つの大学だけではなく、大学間で連携して、学習支援について考え、実行していく大学図書館を目指していこうというものです。まだスタートしたばかりなので、中間報告の位置づけで本セミナーを開催します。また基調講演として、同志社大学 学習支援・教育開発センター事務長の井上真琴さんをお招きし、井上さんが関わって、実践されてきたラーニングコモンズを中心とした授業実践、そこから見えてくる大学図書館員に求められる学習支援力、さらに同志社大学で新たにできるラーニングコモンズについてもお話頂けるかと思います。私自身、コーディネートをして楽しみにしております。

教員側も、現在、求められている「学びの場」としての大学図書館と教育との関わりについて考えて頂きたいと思っています。多くの方のご参加を楽しみにしております。下記にお申し込みのフォームへのリンクがありますので、そちらをクリックして頂き、お申し込み下さい。なお、資料のみのご要望についてはお断りしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

————————————————————–

第10回大学教育セミナー
「『学びの場』に向けた大学図書館の再構成を考える―学習支援促進のための三大学連携事業の中間報告」

開催日時:2012年12月8日(土曜日) 13時00分~17時30分
会場:金沢大学サテライトプラザ3階集会室
主催:金沢大学 大学教育開発・支援センター
共催:金沢大学附属図書館
後援:名古屋大学附属図書館、静岡大学附属図書館、大学コンソーシアム石川(予定)

概要
近年, 大学図書館は大きく変化してきています.研究資料, 文献の保存と提供, ならびに文献検索などの情報検索技術を中心とした情報リテラシーの育成という従来の役割から, 学習支援の場として, 学生の学習に対して積極的に関与するという変化です. 学習支援の場として大学図書館は近年, ラーニング・コモンズという学習支援環境を構築し, 注目され始めています. しかし, どのような内容で, どのように学習支援すべきなのか, 現状では議論が進行中です. これらの問いにこたえるためには, 学習という概念を見直し, 検討する必要があります. 本セミナーでは同志社大学 学習支援・教育開発センター事務長 井上真琴氏をお招きし、図書館職員に求められる学習支援に関する能力、井上氏の実践について、教育に貢献する大学図書館像についてご講演頂きます。また6月に締結した金沢大学、名古屋大学、静岡大学の3大学図書館の学習支援に関する連携事業の中間報告を行うとともに, 大学図書館が目指す学習支援について積極的な議論を行います。

スケジュール
13:00 開会の挨拶
13:10 開催趣旨説明 山田政寛(金沢大学 大学教育開発・支援センター 准教授)
13:15 基調講演
井上真琴 氏(同志社大学 学習支援・教育開発センター 事務長)
「大学図書館員が持つべき「学習支援力」とは何か?
-情報リテラシー教育を焦点にして-」

14:00 休憩

14:15 報告(各30分程度)
―名古屋大学 岡部幸祐 氏(名古屋大学附属図書館 情報サービス課長 本センター客員研究員)
「学びのスキルとしての情報リテラシー -ILI-L育成事業が目指すもの-」
―静岡大学 加藤憲二 氏(静岡大学附属図書館長 理学部地球科学科 教授)
「英国ウォーリック大学の学習支援と静岡大学の現況」
―金沢大学 守本 瞬(金沢大学附属図書館 情報サービス課 専門職員)
「金沢大学附属図書館の学習支援 ~ラーニング・コモンズを中心に~」

15:45 休憩
16:00 質疑応答・パネルディスカッション
17:25 閉会挨拶

ご参加希望の方はこちらのフォームよりお申込みください。

多くの方のご参加をお待ちしております!!

お問い合わせ先
金沢大学 大学教育開発・支援センター 准教授
山田政寛 mark [atmark] mark-lab.net