第28回日本教育工学会全国大会で発表しました


今、日本教育工学会第28回全国大会@長崎大学に参加しています。2日目ですが、台風が来ていて、どうなることやら・・・雨も降っていますね。明日、どうするのか・・・飛行機の欠航も今も出てきているようです。

今回、私はソーシャルメディアのセッションで「テキストCMC環境での議論における社会的存在感」というタイトルで発表しました。私の研究ではたびたび出てくる社会的存在感という用語ですが、誤解を恐れずに簡単に言うと、「バーチャルなコミュニケーションにおける参加者の存在感」です。バーチャルなので、もちろん、現実には自分の前に相手はいないのですが、バーチャルなのに、相手があたかも自分の目の前にいるような感覚とでも言いましょうか、そういう概念を社会的存在感と言っています。

しかし、この社会的存在感ですが、古くはShortらの研究(1976)から提唱され、スタートしているわけですが、情報技術の発展、研究分野の広がり、また研究者の立場で、捉え方が異なっています(再定義されていると思います)。社会的存在感はこのソーシャルメディア時代において、ソーシャルメディアにおける場の状況を把握するのに良い指標の1つと言えますが、研究とする場合、どの観点からの社会的存在感を踏まえて議論するのか、説明する必要があります。また、総合的に見るにしても、それぞれの社会的存在感がどういう関係になっているのか、世界的にもまだ研究はされていない状況です(そろそろ出てきそうな雰囲気はするけど・・・)。

そこで本研究は3つの立場で整理した社会的存在感がどういう関係になっているのか見ていこうと思っています。今回はその研究の中間報告という位置づけで報告を行いました。3人グループ(2人グループもありましたが)で、Twitterを使って議論を行ってもらい、その事前事後で質問紙によって、社会的存在感のデータを収集しております。そのデータに対して、因子分析を行い、その構成要素について検討を行っているというものです。

今後はより詳細な分析、発言ログと社会的存在感の関係について数値的に分析を進めていく予定です。今、共同研究者の北村先生@東京経済大学(今回も発表を見に来てくれました。ありがとうございました!)と一緒に発言のタグ付けを行っています。興味深い成果が出せるといいのですが。楽しみです。

当日の発表スライドを公開しますので、ソーシャルメディアのご研究、特に教育利用をされていて、その評価をし、研究を行いたい方、もしくは教育・学習向けのソーシャルメディアを開発されたい方などご参考にして頂ければと思います。最近、世界的に「社会的存在感」を評価する教育工学系の論文が増えてきているので、いろんな論文を読みながら、検討・研究を進めていきたいと思います。

社会的存在感を3つに整理した研究は山田・北村(2010)をお読み頂ければと思います。これを読まないとわからないことが多々あるかと思いますので。CiNiiで無料公開されていますので、そのリンクも張っておきます。

何かご質問などありましたら、お気軽にどうぞ。よろしくお願いします。昨日来て下さった方には、この論文で示した前提条件があまり共有できませんでした。こちらをお読み頂ければ、わかる部分があると思います。

山田政寛・北村智・松河秀哉・御園真史 (2012) テキストCMC環境での議論における社会的存在感, 日本教育工学会第28回全国大会講演論文集, pp.462-463, スライド

参考資料(これを読まないと前提条件はわからないと思いますので)

山田政寛・北村智 (2010) CSCL研究における「社会的存在感」概念に関する一検討, 日本教育工学会論文誌, 33(3), pp.353-362, こちら

公立大学協会図書館協議会研修会が終わった


9月7日に京都で、公立大学協会図書館協議会主催の研修会が開催されました。私も事例報告の講師として立たせて頂きました。だいたい5,60名の方がいらしたでしょうか。北は北海道、南は沖縄まで公立大学の図書館職員さん、教員の方が参加されました。一部、関西の私立大学さんが参加されていました。

基調講演は天理大学の古賀崇先生で、日本の大学全体における図書館の意義を図書館情報学、情報政策の観点からお話をされ、古賀先生が京都大学の頃にされていらした、ライティングの授業等のご実践についてお話をされていました。しかし、古賀先生もされているような、学習支援、授業も、うまく図書館が学内に図書館の意義付けも合わせて広めていくかを考えて行かなくてはならないという問題点もご指摘されていました。

事例報告は私と同志社大学の井上真琴さんが担当しました。私は金沢大学の事例を報告するとともに、学習というものをもっと拡張して見ることも大事であることを説明し、大学の授業との連携が明示的にされていない現状があるのであれば、インフォーマルラーニングの支援、たとえば、図書館が得意としてきた情報リテラシーのコースを質的に拡充する他、ビブリオバトルのようなイベント支援、就職活動支援イベントのデザインを行うことも十分、大学の学習支援できていると言えることを説明しました。どこの大学図書館さんもライティング支援ということを強調されるのですが、ライティング支援をするためには、それだけ全学的な協力と意思の統一が必要だと私は感じています。香港やシンガポールの大学図書館のように、たとえば共通教育に対して、どう寄与していくのかということを明文化し、学内で承認を受けるといったことですね。日本の大学図書館ではなかなか難しいところがあると思います。大学教育センターのような学内部局と連携するというのも手ですが、最近の大学教育センターの業務ロードは激しいので、Win-Winの関係になるように連携していく必要があります。

また、もっと学生や教員の声を聞く必要もあるかと思います。現状分析のための全学調査をし、どういう学生がいるのか、どういうことが求められているのか、聞いても良いと思いますし、各部局の教育系の委員会にオブザーバーで最初は出して頂いて、各部局が目標としていること、課題を聞き、それに対して、「学びの場」としての図書館が何ができるのか、話し合っても良いのではないでしょうか。もちろん、「図書館なんて、1人で静かに学習する場でいいんだ!」と思っている教員は結構多いと思いますが、そういう声も聞きつつですね(多様な学生がいるはずなので、多様な学生を受け入れ、学ぶ場として、ラーニングコモンズと学習支援があり、何もそういう学生がいることを否定はしませんし、1人でモクモクと学習することができる場も必要なんですけど)。山内先生@東京大学が本学の図書館長 柴田先生と対談をされた時に、「洞窟のような、こもることができる空間も必要」といった旨をおっしゃったと思うのですが、まさにそういうことだと思います。

あと、最近、大学職員さんで大学院志望をされる方が増えてきていると聞きます。私も「先生、先生がされていることを研究する大学院ってどういうところがあるのですか?」とか「どういう研究領域で、先生がされていることを学ぶことができるんですか?」と聞かれることがあります。関心が高くなってきているんだなと実感します。そういう職員さん向けに、いくつかの大学院を紹介させて頂きました。まだ、現状では、そういう意識が高い職員さんたちをサポートする仕組みが大学にはないと思いますが、文部科学省も図書館職員さんたちの学習支援力の育成を重要視しているようなので、今後の展開で変わるのかもしれません。

井上さんは、元気ですね。職員さん目線でのお話で、うんうんと頷かれる職員さんも多かったです。同志社大学は元気ですからね。井上さんが精力的にされている、PBLの支援と普及、PBLを支援するためのラーニングコモンズの設計などされているそうです。かなりでかい、新しいラーニングコモンズが2013年にできるそうで、わくわくするようなものでした。井上さんのように学習理論を自学で学ばれ、それを活用した授業実践をされているスーパー職員さんはなかなかいないですが、確実にキーマンで、日本の図書館、さらには図書館職員さんたちの意識改革と元気づけをされていると思います。私も学ばせて頂きました。ありがとうございました。また議論、したいですね。

私自身も勉強になりました。古賀先生、井上さんに感謝します。また、ちょっと他の大学のラーニングコモンズ見学に行きたいですね。海外も含めてですが。香港、シンガポールはすごかった・・・圧倒されたという感じがしましたが。カナダとか見に行きたいですね。そして、関心のある教職員さん、学生さんと議論する機会があればと思っています。

同志社大学 井上真琴さんの記事(進研アド Between 2012年6・7月号)
http://shinken-ad.co.jp/between/backnumber/pdf/2012_06_tokubetsu01.pdf

金沢大学ラーニングコモンズでの対談がWebで公開されました
http://mark-lab.net/?p=270

中原先生から経営学習論を頂いた!


「なりきりEnglish!!」でご一緒させて頂いた、中原先生@東京大学より、ご著書「経営学習論~人材育成を科学する」を頂きました。ありがとうございました。

中原さんが企業内人材育成の分野でご研究をされて、一区切りという意味合いで出されたご著書ということで、集大成という感じがしました。また中原研の学生さんたちの研究も引用されているのを見ると、元気いっぱいでがんばってられるんだなあと、研究室の良い雰囲気まで伝わってきますね。

企業内人材育成の中でも、教育工学・学習科学で学習する理論の関係性についても触れられていて、教育工学・学習科学から企業内人材育成を考える方向けにもわかりやすく、勉強になる本だと思います。組織社会化といった聞き慣れない言葉も出てきますが、読んでいくと、広く社会構成主義的学習観について一通りの理解があれば、すらっと入ってくる話ですし、わかりやすいかと思います。内定者に対するリアリティショックを与えることによる入社後の影響に関する研究とかおもしろいですね。

経験学習の章では中原研の学生さんたちの研究や中原さんのワークショップ実践の話も交えられています。Kolbの経験学習モデルのレビューもされていますし、調査研究も実際に数値データを使って、共分散モデルを使った分析もされていますし、興味深い内容になっています。上司による業務経験付与と部下の能力向上の重回帰分析なんておもしろいですよね。職場学習の章でも実際の数値データに基づいた記述がされています。OJTの内面に迫る話ですね。組織風土と他者(先輩等)からの学びの関係等について、分析データに基づいて説明されています。

組織再社会化の章もあります。これは中途採用者や異動、M&Aに関わる話かと思います。所属組織を離れ、別の組織において、再度社会化を行うことだと思います。企業やその部局の文化というのもありますし、いろいろ困難なことがあるのですが(私も企業時代はかなり雰囲気が変わったところに異動したので、実体験でよくわかります)、何が問題になるのか、こちらもちゃんとしっかりとデータに基づいて分析されています。越境学習の章も興味深いですね。従来のアイデアを越えた何かを発想するため、それを求めて、自分のいる枠を越えて、学びの場を求め、学習するスタイルですね。ソーシャルメディアが最近流行っていますが、そこでのつながりをもとに、様々な分野の方々がコラボレーションして、イベントされたりしていますよね。あれも一種の越境学習と言えると思います。越境学習について説明もされていますし、近年、話題になっているグローバル人材の育成に向けても触れられています。

この本、私が思うに、今の大学の上層部や実践的な力を身につけさせたいと考えている教員が読むと良いと思います。自分の授業で何を身につけさせれば良いのか、どう設計すれば良いのか、そのヒントが得られると思います。

いやあ、私が知らない方の研究が引用されている本を見るのは新鮮ですね。学習論と謳われている研究の場合、知っている方、先行研究が引用されているのですが、分野が異なるだけで、こんなにも違うのかと思いました。

非常に勉強になりました。ありがとうございました。

NAKAHARA-LAB.NET http://www.nakahara-lab.net/blog/

日本教育工学会でゲームの教育・学習利用に関する課題研究セッションをします


とうとう来週末から日本教育工学会が始まりますね。今年は長崎大学文教キャンパスで開催されます。参加される皆さんも準備をされているかと思います。

早いもので、大会企画委員会の委員を務めて4年目、最終年になります。私が大会企画委員になって4回のうち3回でゲームの教育・学習利用に関する課題研究セッションをさせて頂きました。国際会議に行くと、1つの大きな分野になっているにも関わらず、日本の教育工学では最近は議論されていない気がしたので、スタートしました。1回目から多くの方が参加して下さいました。おそらく、教育・学習の分野で、ゲームなど、一見タブー視されていることに、もっと何かできないか?と考えてチャレンジしてきている人を集める場がなかったのでないかと今になって思います。

2回目からは東京大学の藤本徹先生がコーディネーターとして、香川大学の林敏浩先生が座長としてご協力下さり、現在も変わらずに盛況になっております(実は藤本先生は1回目の時は純粋に発表者としてご投稿下さっていました)。

心許なく、スタートしたゲームの教育・学習利用に関する課題研究セッションもこれで3回目。今回は理論的背景にも多少触れながら、理論的背景に基づいたデザインと評価の方を重点的に議論したいと思っております。ただ、理論的背景の部分については昨年度議論しましたので、多少省略しつつやりたいと考えております。その関係で、JSET参加者でゲームの課題研究セッションに参加される方々は、昨年度、藤本先生がファーストで執筆された「近年のゲームの教育利用研究の動向と今後の課題」をお読み頂けると、より良い議論になりますし、セッションを楽しむことができるのではないかと思います。藤本先生の原稿をアップロードしましたので、是非ダウンロードして、お読み下さい。事前に読んで頂いても良いですし、参照しながら、セッションに参加されても良いかと思います。

当日を楽しみにしております。どうぞ宜しくお願い致します。

藤本徹・山田政寛 (2011) 近年のゲームの教育利用研究の動向と今後の課題, 日本教育工学会第27回全国大会講演論文集, 181-184 こちらからダウンロード