ETRD、採録!!


やりました!!Educational Technology Research & Development、採録になりました!!あこがれというか、教育工学といえばこれ!という論文誌に採録になったことは本当に感動です!!修士の頃から、この論文誌、いい論文誌だなと思っていた論文誌の1つに採録になったことに感無量です。採録になったテーマは私がBEATで最後に関わらせて頂いた”Conomi+”です。

協調フィルタリングなんですが、なんでも「どんぴしゃ」に、学習者の興味・関心に合わせて、学習コンテンツを推薦することが学習にとって本当にいいことなのか?という疑問からスタートしたプロジェクトです。学習者の興味・関心に「当たらずとも遠からず」の範囲で学習コンテンツを推薦することで、学習者の背景知識の範囲を広げ、英語単語の能力を伸ばせるのではないか(Top-down処理)という仮説に基づいて、研究を行いました。またこのアルゴリズムは特許も取ることができました。

この論文の採録まで、いつもお世話になっている、北村先生@東京経済大学、松河先生@大阪大学に大変お世話になりました。この2人の先生がいなければ、この論文誌の採録はなかったでしょう。お2人の先生には大変感謝しています。ありがとうございました。また、査読者の先生方にも感謝致します。本当に勉強になりました。

今も、お2人の先生とは、別の研究をしているので、こちらもがんばって研究成果にしていきたいと思います。

よし!もっとがんばるぞ!!

Yamada, M., Kitamura, S., Matsukawa, H., Misono, T., Kitani, N. & Yamauchi, Y.Collaborative filtering for expansion of learner’s background knowledge in online language learning: Does “top-down” processing improve vocabulary proficiency?, Educational Technology Research & Development, in printing

プロジェクトのページ
東京大学BEAT http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/archives/beat/

共著の論文が採録されました!


やりました!採録です!!すばらしい!!このデータ分類、大変でした。しかし、合田先生@熊本大学は根気強く、分析されていました。査読者の先生方にもしっかり読んで頂き、ご指導頂きましたおかげで、大変よい論文になったと思います。査読者の先生方、論文担当をして下さった先生に感謝致します。

内容としては、CALL教室という1人1台のコンピューター利用環境で、毎回の授業で、学習計画とリフレクションを行ってもらい、その計画・リフレクションと英語力の関係性について分析を行ったものです。具体的には学習計画とリフレクションについて、研究者間でタグ付けをして、カテゴリー化を行い、そのカテゴリーの頻度と英語力との関係について分析しています。

合田美子, 山田政寛, 松田岳士, 加藤浩, 斎藤裕, 宮川裕之 (2014) 自己調整学習サイクルにおける計画とリフレクション:授業外学習時間と英語力との関係から, 日本教育工学会論文誌, 38(3), in printing

出版が楽しみです。今年の11月から12月くらいですかね。