「ラーニング・コモンズ 大学図書館の新しいかたち」を頂きました


名古屋大学附属図書館事業部 加藤部長より「ラーニングコモンズ 大学図書館の新しいかたち」を頂きました。ありがとうございました。

この本は科研費の調査によってまとめられた報告と海外のラーニングコモンズに関わる論文の翻訳版がセットになったものです。ラーニングコモンズの過去と未来を問う論文や論説が掲載されています。特にアメリカのラーニングコモンズの現状と問われていることを把握するのに良本だと思います。

アメリカのラーニングコモンズの形態がそのまま日本のラーニングコモンズに適用することはかなり難しいですが、ラーニングコモンズは大学の文化が強く反映されるものだと私は考えています。日本国内であっても、他大学で行われている学習支援や空間設計が自学に合うかというとそうではありません。しかし、数多くの事例を知り、自学の現状を知った上で、何ができるのかを考える大きなヒントに本書はなるように思います。

最後の章には日本大学の小山先生が日本国内のラーニングコモンズの調査結果の報告をされています。恥ずかしながら本学のラーニングコモンズの情報も掲載されていますね。ありがとうございます。また後書きには竹内比呂也先生による「ラーニングコモンズを超えて」がありますが、「・・・今日の大学教育、あるいは大学のミッションとどのように関わっているのか。これに対する答を、今の日本のラーニングコモンズから見いだすことは難しい」という一文はぐっときますね。耳が痛い部分ではありますが、日本のほとんどのラーニングコモンズ、図書館ではそうなのかもしれません。香港、シンガポールの大学図書館への訪問調査でもわかったことですが、香港・シンガポールの大学図書館の方々は大学図書館の教育への貢献をしっかり明記し、学習への関わり、どういうサービス提供を教員や学生にするのか、説明できるというこということでした。サブジェクトエキスパートとして勤務する図書館職員さんもいらっしゃいました。

今、日本は教養教育を始め、さまざまなところで教育改革が叫ばれています。既に実施に向けて、数多くの大学が動いているかと思いますが、大学図書館も、大学の教育改革において、どういう役割を果たすのか、意識し、明示していかなくてはいけないのだと思います。

参考になるご著書をいただきまして、ありがとうございました。

元気な学生たち


つい先日、私が金沢に来て、初めて行った授業の受講生からTwitterで「先生、お久しぶりです!」とTweetがありました。今やその学生は4年生。当時、彼は1年生。時間が経つのはとても早いです。こちらへ来て、4年か。

以前からTwitterやFacebookでも言っているように、他の部局からの依頼や部局の兼任依頼がない限り、私は共通教育しか担当ができない教員です。私の授業を複数受講でもしない限り、終わりです。1年次に受講した共通教育の担当教員に「先生、久しぶりです」と声を掛けられるのは、とてもうれしいですね。授業内容まで覚えているかは?ですが、今もがんばって自己実現をしようとしている姿を見ることができるので、教員としてはうれしい限りです。

今日も、エアコンの輪番節電があったので、その間、昼ご飯を食べに学食に行こうと思いました。そうしたら、私の授業の受講生だった4年生の学生さんが、「ご一緒にいいですか?」というTweetが。学食で待ち合わせていると「後輩も連れてきたんですよ」と地域ブランディングのサークルをしている2年生が来ました。その4年生もシェアハウスの運営をしていて、シェアハウスにする家も大家さんと交渉して、貸してもらい、人集めからいろいろやっています。それを卒業論文にできればしてみたいと言ってたかな?2年生の学生さんも積極的に、本学を出て、地域ブランディングの勉強会や活動に取り組んでいます。

早速、私が作った、Facebookの「つながる学びのコミュニティ」に入ってくれました。元気のある、積極的な学生さんを見ると、こっちも元気になりますね。前期の授業は終わりましたが、これからも、積極的な学生は周りを引っ張っていけるように育成し、自分を変えたい、成長する個人として意識をもってがんばっていきたいと願う学生には、それに必要な知識と活動、機会を提供して育成していきたいですね。

教育工学選書が届いた


とうとう来ました。予約して買いました。とりあえず、教育工学研究の方法。ざっと読んでみましたが、非常に網羅的に書いてありますし、これから教育工学の分野を勉強しようと思っている修士学生さんや他分野から教育工学の研究をしようと考えている方々にとって良い本だと思います。

ちょっと統計用語が出てくるので、統計用語に関する辞書、または統計に関する知識があると良いと思います。博士学生が修士学生に対して、ゼミをする時に使っても良いかもしれません。博士学生もちゃんと内容を理解しているか、修士学生に対して、簡単に、わかりやすく説明ができるか確認することもできますから。

私はあまり自分でやってこなかった、調査研究、質的研究法、デザイン研究の手法について勉強したいと思っています。他の巻も来月に買いたいと思います。教育工学選書シリーズはこれからもドンドン出るようです。楽しみにしたいと思います。

ぜひお読み頂ければと思います。