自分の専門が活かせるとは限らない世界


修士・博士課程を経て、大学教員・研究職する場合、今までの自分の専門が活かせないことが多々あります。大学教員・研究職の公募が出ているものの、1人の枠に対して100名とか200名もの人が応募します。その数百倍という競争を勝ち抜いて、やっと内定を頂けます。大変厳しい世界なので、修士・博士課程で勉強し、研究してきた蓄積が就職先では活かせないということもあります。自分の専門性が活かせる職に就くことができるのは、企業就職でも同じだと思うのですが、本当に幸せなことだと思います。

結構前なのですが、恩師である赤堀先生とお話をしていた時に、「(大学教員(大学や研究機関での研究職を含む)を目指す以上、)今までの専門とは違う仕事をするのはよくあることだ」というお話をされました。大学等で研究職に就くことが難しい現状から考えると自分の専門とは異なる分野への就職も覚悟して、就職活動をしなければならないことは1つの事実だと思います。

今まで自分がやってきた研究内容でも、領域依存の部分もあれば、そうではない部分もあります。いろんな分野で活かせる知識や技術があると思います。それを自分で理解できるか、これは1つの鍵だと思います。とはいえ研究職に就く人は自分が研究している領域をどんどん突きつめたいという思いがあると思います。でも、それは業務として自分の専門領域と異なることをやることになっても、個人の研究として今までの専門をしてはいけないということではないと思います。難しい分野もあるとは思いますが(例えば、生物学)、業務として行う研究、ライフワークとして行う研究は分けて考えるべきではないかと私は思います。

さらに赤堀先生は「それは自分にとって新しいチャレンジになる」ということもおっしゃられました。今まで行ってきた研究とは違う領域のことを業務として行わないといけない時、確かにモチベーションが下がる部分はあると思います。しかし、すべては考え方だと思いますが、自分の今までの専門とは異なる研究や業務に就くことは同時に自分の知識や専門性を広げるチャンスでもありますし、自分の専門へ活かすことができる要素もある(それを見出すことができるかは本人次第だと思いますが)と思います。

教育工学というのは学際領域なので、さまざまな専門性を持った方がいますが、いうても「教育」という冠がありますので、教育に関する知識、理論、周辺理論は知っておかなければいけません。それが面倒であると言って、教育に関する知識を持たず、理論を知らずに研究している人もいるように思います(勉強しながら研究するのはいいとして、勉強する必要がないと考えている人もいるようです)。それは私はいかがなものかと思います。

こういう考え方はどのように身に付けるか?難しいと思いますが、私は企業時代に身につけました。もちろん、企業というのはヒエラルキー組織ですので、会社を辞めない限り、上司の指示・命令には原則従わなければなりません。そういう構造内にいるので、「仕方がない」という気持ちもありました。ただ、私はいずれ大学院に行きたいという気持ちは新人の頃からありましたので(まさか辞めることになるとは思いませんでしたが。辞めなくても大学院に行ってもいいと書いてあったので、学部生の浅はかな想像で、辞めなくてもいいものだと思ってましたから)、自分がやりたくないことも、自分の専門とは違うことでも、役に立つ何かが身に付けることができると考えていました。自分にはあまり興味がない内容でも書籍にあたり勉強しました(当然のことですが)。学生であれば、先生からお願いされるお仕事や先輩と共同でプロジェクトをやるなどを通じて学習できますし、意識も変わると思います。それをしている学生とそうではない学生とは大きな差が出てきます。

自分の専門が必ずしも活かせない職に就く可能性が大きい、この世界。その可能性を踏まえて、努力して、チャレンジ精神を持ち、新しい勉強をし、研究を続けるという努力が強く求められるのだと思います。

#とある先生が「教育工学が盛り上がるのはいいことだと思うけど、教育に関する知識・理論を知
#らなくても、勉強しなくてもやっていけるという勘違いしている先生も増えてきていて、それは
#本当に困ったことだ」とおっしゃってました。たとえば、e-learningをすれば、教育工学研究になる
#と考えてしまうことです。これはダメですね・・・

読んで「良い」と思えるレポートは簡単には書けないのだよ


2月と言うことで、学生さんはレポート、教員は成績をつける作業で大忙しかと思います。私もレポートの点数をつけ終え、成績をつけました。
最近、いろんな大学でレポートの書き方について、初学者ゼミやちょっとした講座を開いて教えているじゃないですか?ライティングセンターまでつくってやっているところもあるそうです。
その手の講座って人気あるんですよね。初学者ゼミでもレポートの書き方の回はやたら学生は真剣だったりします。本学でも初学者ゼミでやっていることもあれば、本センターでもランチョンセミナーでレポートの書き方を教えたりしています。その回は会場がいっぱいになります。私の授業でも最後の方にレポートの書き方を簡単ではありますが、教えました。
レポートって型があると私は思っているんです。もちろんテキスチャ-もあるのですが、ロジックも含めた流れというものがあると思います。Twitterでも前に書いたことなのですが、トゥールミンという哲学者が考えた論理的思考の型といいますか、図式といいますか、モデルのようなものがあります(それをトゥールミンモデルといいます)。レポートというのはそのロジックの積み重ねなんです。ロジックは1つだけ単体で起こるものではありません。いくつもの図式がつながって、全体のロジックを構成するのです。
そのロジックの積み重ねの中でロジックの流れというものがあります。それはよく起承転結とか、小中学校で習うことでもあるのですが、それをもうちょっと具体化したものです。たとえば問題点の指摘-その実害-なぜその問題点から実害が生じるのかなどの流れです。このような流れの中でロジックを積み重ねて、立論する練習がいるのではないかと私は思っています。
このロジックの積み重ねで大切なのは情報収集です。私たち研究者でいうと、先行研究を集めてくることになります。最近の子はなんでもWebですね。驚くくらいWebの情報しか引用しません。今、数々の情報がWebで手に入れることができるとは言え、表層的なことしか述べていないものも数多いです。中にはWikipediaを引用する学生もいます。唖然としますね。私の授業ではダメな理由もつけて、引用させないように説明します。やはりペーパーメディアにあたるべきだと思っています。考察がレポートの中でユニークなところにあたるのですが、その考察もWebの情報、たとえば新聞社の記事だけで頼ってるロジックを立ててきた場合は本当に軽い考察ですよね。自分の言葉ではない言葉で、誰かの意見を述べている感じがします。本当によろしくないですよね。新聞記事を引用するならば、新聞記事は事実を述べているだけですから、その背景については専門書などの書籍で抑えておかなければ、軽い考察になりますね。
私もこんなことを最初からわかっていたわけじゃないです。私が学生をしていた12,3年前なんてレポートの書き方を授業で教えてくれるなんてことはありませんでした。私はESS(英語を話すクラブ)で学びました。70年以上も続いているクラブなので、その指導内容、活動内容も洗練されたものになっています。3年生が執行部員として、指導や企画立案などをするのですが、2年生の秋あたりから、先輩がされてこられた企画や指導内容について分析を行い、改善案や新企画案を踏まえて次年度の方針を立てたりします。その内容がいいか信任選挙を行います。ダメだったら、差し戻しです。
私は英語による議論を学習するグループにいたのですが、上記のようなロジック、ロジックの積み重ねを学ぶのに利用していたのは改善が代々繰り返され、伝統的に引き継がれてきたプロソル(プロブレム・ソルビング)フォーマットとオブザベーションフォーマットに従ったシートでした。これは新1年生にはサンプルが配布されて、そのシートに従って、調べたことを書いたり、簡単なテーマで立案し、議論を週3回していたのです。このシートを使うとロジックはもちろん、そのロジックの積み重ねなど学習することができるのです。それを先輩に見て頂いて、チェックを受けて、議論に臨むということをしていました。
そんなことを繰り返していると、レポートなんて何の苦にもなりませんでした。1年生の間は慣れるのに大変でしたが、2年生になって、夏ごろのレポート課題は別に苦労した覚えはないです。レポートの授業の成績は良い方だったですね。
レポートの書き方にはいろんなやり方もありますし、この方法が絶対的に良いわけでもありません。レポートにもいろんなタイプがありますから、上記のようなやり方が合わないものもあります。ただ、ある程度の型を知ったところで、レポートが即効でうまくなるなんてことはあり得ません。もうここはいっぱい書いて、いろんな人に読んでもらって、学習するしかないでしょう。ロジックを覚えるのも、ESSではトゥールミンモデルを簡易にした三角ロジックを使ってましたが、そんなモデルを覚えても、レポートがすぐにでもうまく書けるわけないです。最初の方に書いた講座に参加してくる学生は「即効性があるレポートの書き方を教えてもらえる」というとんでもない誤解をしているのです(そんなニーズにこたえるようなネーミングがしてある本ってよく売れますよね・・・ハハハ。なんかハッタリをかましてくる怪しいコンサルみたいです)。
レポートには型がありますし、それを知ることは良いことかもしれませんが、継続的に授業以外の部分でやっていかないと、周りが読んで、「これ、いいね」って言ってもらえるレポートは書けないのです。基本形を学び、授業外に継続的に試行し、自分で基本形から必要に応じて肉付けしていく。ということが大事ですね。テスト前に「あ、やらなきゃ」といって、レポートの書き方学習を繰り返している限り、うまく書けるようになんてなりません。
まあ、そういう私もなかなか難しいと思っています。論文を書くのは一苦労です。いくら書いても、難しいものです。1人で書いていても、これでいいのか?と思いますし、不安ですね。なので、仲良くさせて頂いている先生方に読んで頂いています。「これでいけるかな?」と思っても、いろいろご指摘頂きます。それくらい、よいレポート(私の場合は論文ですが)を書くのは難しいものなのです。
私は学習支援に関する授業をしてますし、ラーニングコモンズにおける学習支援体制や方法などを検討します。レポートという点でいうと、私が学生のころに効果的に学ぶことができた伝統のシートと合わせて授業をしようと思っていますし、ラーニングコモンズのレポートの支援体制でも使って行こうと思っています。でも私は「手取り足とり」で密着指導なんてしないですよ。大学生なんですから、自分で考えて、がんばってもらいます。私はきっかけをつくるだけです(そのきっかけを作ることがかなり難しいですけどね。私もまだまだですw)。