CALICO Outstanding Article Award 受賞!


CALICO (The Computer-Assisted Language Instruction Consortium)に2009年に採録された論文がOutstanding Article Awardを受賞しました。私の師匠であります、赤堀侃司先生(現 白鴎大学 教授・教育学部長)との共著です。

その賞状が届きました。

「おお!!」という感じですね。しかもなんと、小切手が!!「少ないけど・・・」というコメントがついてましたが、ありがたいことです。小切手をもらったのは初めてです。マジマジ見てしまいました。

 

小切手をもらうのは初めてですが、日本で変えるにはかなり手数料を取られるそうで、少額の場合、額面割れをするそうです。この額だと額面割れしそうなので、記念に取っておきますか。

でもお金とかそういうの目的じゃないので。私の論文をそのように評価して頂いて、世界中の研究者や学生に読んでもらっていることがうれしいです。

この論文を書くのにヒントを下さった、北村先生(東京経済大学)に感謝致します。また赤堀先生にご指導頂き、感謝致します。ありがとうございました。また、この論文は博士のときの研究で、放送大学の加藤浩先生がコーディネートされていますCSCLゼミでもご指導頂きました。加藤先生をはじめ、当時、CSCLゼミに参加されてた皆様にも感謝致します。

しかし、いい研究するにはゼミだけではなく、お茶でも飲んで、笑い話でもしながら、椅子まわして、気軽に話せる場って大事ですよ。北村さんとはそういう場でいろいろ研究の話とかしてました。JSET 33(3)に掲載された資料論文もそうですし、今、進めている研究もそうです。ありがたいことです。

さて、研究、がんばりますか!!

最後になりましたが、CALICOのスタッフの皆様、Editorial Board Membersの方々に感謝致します(日本語ですが。後でメールしておきます)。

受賞論文
Yamada,M., Akahori,K. (2009) Awareness and performance through self-and partner’s image in videoconferencing, CALICO Journal, 27, 1-25

CALICO
https://calico.org/