山田研学生、初の国際会議発表が終わりました


つい、さきほど、山田研 初代の学生の1人 唐さんが国際会議発表を終えました。内容は地理データを活用した英単語学習ゲームのデザインと評価で、今回は英単語の能力評価も含めたものになっています。SITE 2017にてFull PaperでAcceptされたものです。もともと緊張しいの学生さんなので、前日もあまり眠れなかったようですが、山田研では英語が一番できる学生で、発音も大変よく、とても良かったです。共同研究者で、在外経験もある合田先生@熊本大学も英語はとてもうまいと言っていました。質疑応答もうまく対応できていました。興味を持って下さった方もいて、うれしかったです。

今年度で修了して、日本の会社で働くことになりますが、修了後もゲームなど、メディア関係の企業に勤めるということで、これまでやってきたことを強みに活躍してもらいたいと思っています。私個人としては、赤堀先生が私たち学生たちに、海外の場で自分の研究をアピールするという学びの場を提供して下さったように、私もその一歩を踏み出すことができ、感動しています。これからも研究指導教員としてはこういう場を学生に提供し、研究成果のアピール、学生の成長の場を創って行きたいと思いました。私もがんばらないと。

本研究は下記のものになります。興味がある方はご参照してくださいますと幸いです。
Tang,F.,Wang,B., Kaneko,K.,Goda.Y.,Okada, Y., & Yamada,M. (2017). Design and Assessment of a Location-based Game to Support English Vocabulary Learning in University, Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2017 (Mar 05, 2017) 337–343 Link to this article