IEEE Multimediaに採録決定!!


やりました!科研費の研究で開発をした協調学習支援システム”C4″を「探究の共同体」フレームワーク(Community of Inquiry)で学習者間のインタラクションを評価した研究の成果がIEEE Multimedia誌(SCI Impact factor 1.767)の特集号”Social Media for Ubiquitous Learning”に採録されました!!査読者の皆様、共同研究者の先生方には大変感謝しております。ありがとうございました。査読者の先生方もご指導を頂き、ありがとうございました。掲載は2016年になるようです。

IEEE Multimedia http://www.computer.org/web/computingnow/multimedia
*IEEE会員の方や大学で契約している場合はIEEE Xplore で読むことができます。

安心しました・・・短いようで長かった。1回目の条件で、再実験を求められ、短い対応期間でしたが、合田先生、安浪先生@熊本大学のご協力をもちまして、データ収集ができました。そこから夜中まで再分析をして、原稿を書いていました。泣きそうでした。ほんと辛かった・・・その辛さがあったためか、今は感動いっぱいです。良かった。ちょっと脱力な感じです。

さて、このシステムはMoodleのモジュールとして開発していますが、よりよくしていくために、今、私の科研でも土台のシステムとして使わせてもらっています。いいものにして、みなさんに使ってもらえるようにしていきたいと思います。これからもますますがんばらないとですね!!

Yamada, M., Goda, Y., Matsukawa, H., Hata, K. and Yasunami, S. (2016). Effective CSCL Design for Quality Interaction Based on Community of Inquiry Framework, IEEE Multimedia, in printing